このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

がん患者のための臨床試験の話

2011/10/11

がん患者のための臨床試験の話 Vol.2

臨床試験の情報はどうやって集めればいい?

福島安紀=医療ライター

「自分が参加できる臨床試験はあるのだろうか」「もう治療法がないと言われたが、臨床試験で受けられる治療があるのなら受けてみたい」――。がん患者がそう考えたとき、臨床試験の情報を集めるにはどうしたらよいのだろうか。国立がん研究センターがん対策情報センター臨床試験支援部部長の福田治彦氏らに聞いた。


 「自分が参加できる臨床試験があるかどうかは、まずは担当医に聞くのが1番です。患者さんがご自分で探す場合には、国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービスの『がんの臨床試験一覧』にアクセスしてみてください。がん種別に、現在実施している様々な臨床試験の情報を誰でも閲覧できるようになっています」。国立がん研究センターがん対策情報センター臨床試験支援部部長の福田治彦氏はそう話す。

 「がんの臨床試験一覧」に掲載されているのは、国立大学病院医療情報ネットワーク(UMINセンター)、日本医薬情報センター(JAPIC)、日本医師会治験促進センターに登録されている臨床試験だ。国立保健医療科学院の「臨床研究(試験)情報検索」ポータルサイトでも、この3つのセンターに登録されている臨床試験が検索できるようになっている。

図1 臨床試験の種類

 Vol.1で触れたように、臨床試験は、大きく、医薬品や医療機器の承認を得るために行われる「治験」と「研究者(医師)主導臨床試験」の2つに分けられる。「治験」はさらに、製薬企業が医療機関に依頼して実施する治験と、医師が主導して行う治験に分かれている(図1)。「がんの臨床試験一覧」は、これらのうち、日本人のがん患者が参加可能な研究者主導臨床試験と医師主導治験をほぼ網羅している。製薬企業が行う治験については、臨床試験の情報を公開していない場合は、掲載しないこともある。

 研究者主導臨床試験を行うに当たっては、治験のように厚生労働省への届け出は義務付けられていないが、前出の3つの登録センターのいずれか、あるいは一定の条件を満たした海外の臨床試験登録サイトに登録しなければ、国内外の医学雑誌に試験結果を論文として掲載できないことになっている。これは、医学雑誌編集者国際委員会(ICMJE:International Committee of Medical Journal Editors)が、2004年、臨床試験の結果の論文掲載の条件として、一定レベルの登録サイトへの事前登録を義務付けたからだ。さらに、その後、厚労省の「臨床研究に関する倫理指針」でも事前登録が求められるようになった。

 「がんの治療法を決める際には、科学的根拠に基づいた標準治療が第1選択になります。研究者主導臨床試験は、さらに有効性や安全性の高い標準治療を作ることを目的に行われますが、医学雑誌に論文が掲載されなければ、科学的根拠に基づいた標準治療として認められません」(福田氏)。このため、ほとんどの研究者主導臨床試験は上記のいずれかの登録センターに登録されており、「がんの臨床試験一覧」で閲覧できる仕組みになっているのだという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ