このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

こんなとき、このエキスパートのもとへ

2012/4/24

こんなとき、このエキスパートのもとへ 第9回

がん看護専門看護師●患者に最も近い医療者

福原麻希=医療ジャーナリスト

 二人は出会ったばかりの頃、外来化学療法室で奥出さんが話しかけても、Aさんはほとんど口を開かなかった。それでも奥出さんは、Aさんに何度もこう伝えたという。

 「どんな時もAさんやご家族の力になりたいと思っています。そのためには、最大限の力でサポートしていきたい」

 やがて、Aさんががん治療センターに来るようになると、奥出さんはいつも時間を作るようにした。面談では、奥出さんも自分の感情を隠さなかった。Aさんとうなずきあい、共に涙し、笑い合った。

 二人の間の距離が信頼関係に変わると、Aさんは奥出さんに自分の気持ちを話すようになった。奥出さんはAさんが無事に出産できるよう、病院や医師との調整、家族にはどう話せばいいか、治療中に気を付けることなど、いろいろな助言をした。

 Aさんはその言葉によって、「とても安心感を得られた」と言う。

 今後の治療と育児の両立に対する不安は尽きない。

 だが、いまでも、乳腺外科、がん治療センター、NICU(新生児特定集中治療室)、小児科と4科の医師・看護師・医療ソーシャルワーカー・心理士などが情報を共有する。Aさんが治療をしながらうまく子育てができるように、体のケアだけでなく心のサポートにも当たっている。

 Aさんは「赤ちゃんがいるので、いまは自分のことで悩んでいる時間はなくなりました。奥出さんには病気のことだけでなく、母としても先輩なので、いろいろ相談しています」と話している。

 がん看護専門看護師が患者の本音を聞き出し、病院内の調整役を果たす。

 それが患者の“自分らしい”人生を作り出すサポートとなっている。



*1 FEC療法:フルオロウラシル((商品名:5FU)、エピルビシン(商品名:ファルモルビシン)、シクロホスファミド(商品名:エンドキサン)

*2 CAF療法:シクロホスファミド(商品名:エンドキサン)、ドキソルビシン(商品名:アドリアシン)、フルオロフラシル(商品名:5FU)を組み合わせる治療法。

この記事を友達に伝える印刷用ページ

Back Number バックナンバー