このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

こんなとき、このエキスパートのもとへ

2011/5/31

こんなとき、このエキスパートのもとへ 第7回

理学療法士●継続したリハビリで患者の心と生活を豊かに

福原麻希=医療ジャーナリスト

 がんの闘病中、患者や家族の様々な相談に乗ってくれるエキスパートたち。第7回は「理学療法士」を取り上げる。がんにかかって身体動作が不自由になったり、不快な症状が生じたりしたとき、理学療法士によるリハビリを受けることで、身体のつらさや日常生活動作の不自由さを軽減できることが多い。理学療法士にはいつ、どんなことが相談できるのか。そんな疑問にお答えする。



理学療法士Profile

●理学療法士とは?
けがや病気などで身体に障害のある人、および、障害の発生が予測される人を対象に、生活上の基本動作(主に寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩く)の能力を訓練(リハビリテーション、以下、リハビリ)によって回復・維持したり、障害の悪化を予防したりするための指導や助言をする専門職(国家資格)。Physical Therapist(PT)とも呼ばれる。
●どこにいるの? 何人いるの?
医療機関(主に理学療法科やリハビリテーション科)、介護・福祉施設(通所リハビリ施設など)、教育施設(養護学校など)、行政施設、健康産業(フィットネス施設など)など。
理学療法士の国家資格保有者は9万710人(2011年厚生労働省調べ)
●職能団体
社団法人日本理学療法士協会
http://www.japanpt.or.jp/
●リハビリの費用は?
有料(公的医療保険、介護保険が適用される)。
医療保険で3割負担の場合、例えば、聖隷三方原病院では、がんにおけるリハビリは1単位200点の場合600円、 呼吸リハビリ(I)は1単位170点の場合510円が、医療費の自己負担分として計算される(*1単位=20分換算、1点=10円換算、費用はあくまでも参考例)

 がんにかかって長期にわたって寝込んだり、痛みや手術によって思うように身体を動かせなくなったりすると、生活上の基本動作が難しくなる。例えば「寝返りができない」「布団から起き上がれない」「いすやベッドなどに座れない」「立ち上がれない」「歩けない」といった制限が生じる。また、肺がんなどで手術を受けた後には、傷口の痛みなどが原因で痰を出しにくくなったり、呼吸がつらくなったりする。

 こうした状態に悩んだとき、理学療法士からリハビリを受けることで、身体動作の不自由さや痛みなどのつらさを軽減することができる。

リハビリはがん患者の苦痛を和らげ、希望につなげる
 リハビリは長年、社会復帰への第一歩として、身体機能が向上する見込みのある患者だけを対象に行われてきた。ところが近年、特にがんに関しては、病状の回復の可能性がなくても、生活や人生の質を豊かにすることを目的に、積極的に進められるようになった。

 がん患者に対する理学療法士によるリハビリには、主に(1)緩和ケアとして身体の不快な症状(慢性的な痛み、身体のだるさ、むくみ、痰による咳、呼吸困難感など)を軽減させる(注:緩和ケアは終末期のみでなく、早期でも行われる)(表1)、(2)生活動作の不自由さをなくす(表2)、(3)体力を維持・向上させる、という目的がある。

表1 がんによる身体の不快な症状とリハビリによる対処法

症状リハビリによる対策
身体に痛みがある(1)がんの痛みによって筋肉が硬くなっていることがあるので、直接、筋肉をほぐして軟らかくする(2)身体を動かせずに同じ体位を取り続けるために痛みが出ている場合、例えば右側の腕や肩に痛みがあるときは、横向きになり、右側の腕に枕やクッションを当てたり、座る時は手をテーブルの上に載せると腕が軽くなる。歩く時は三角巾で吊ったり、手を添えたりして、重さを感じないようにする(3)手足を動かせる場合は、少しでも姿勢を変えると身体の重み、痛みが軽減される。
身体に痛みがある(骨転移がある場合)骨転移があると、寝返りや起き上がりの際に痛みが増すことがある。その場合、(1)コルセットを装着すると、身体をねじる動作が加わらなくなるため、痛みを予防できる(2)ベッドの頭部をギャッジアップさせてから座ると、痛みが出にくい(3)脚の骨に転移があり、足を床につく時に痛みを感じる場合は、杖を使う。
身の置き所がないほど、だるい(1)首・背中・手足・腰を動かしたり、ストレッチしたりすることで、筋肉に張りが出てきて身体のだるさを軽減できる(2)むくみでだるい場合は、手足の体液の流れがスムーズになるよう促進させる。ストッキングや包帯を使用し、圧迫をかけて軽減させる。
術後に痰を出にくい、咳をしにくい(1)口を大きく開けた状態で、声を出さないよう、空気をゆっくり太く吐く(2)術後の傷口に枕やクッション、バスタオルなどを当てて押さえ込むと、圧迫によって痛みを抑えることができる。その状態で咳をすると、ゴホンと力を入れることができる。

この記事を友達に伝える印刷用ページ

Back Number バックナンバー