このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

がんに負けないお金の話

2011/8/30

がんに負けないお金の話Vol.7

がん保険の選び方

保障内容は欲張らず、保険料と診断給付金に注目

福島安紀=医療ライター

 「加入後、ずっと同じ保険料である終身型のがん保険で、比較的保険料が低額なのが、オリックス生命保険が2010年3月に発売したがん保険『Believe(ビリーブ)』です」(柳澤氏)。

 「Believe」は、超早期がんである上皮内新生物も含め、がん初回診断一時金が100万円、入院すると1回50万円のがん治療給付金と1日1万円のがん入院給付金、手術を受けたら20万円のがん手術給付金、そして、10日以上の入院後に10万円のがん退院一時金が支払われる(金額は基本給付金額1万円コース)。

「できるだけ手厚い保障を付けつつ、保険料をリーズナブルに抑えました」と語るオリックス生命保険経営管理部広報チームマネジャーの弘重学氏。

 通院給付金はないが、「最初にまとまった金額の診断給付金やがん治療給付金が出るので、それで通院治療もある程度カバーできるという考え方です。できるだけ手厚い保障を付けつつ、給付の内容をシンプルにして保険料をリーズナブルに抑えました」。オリックス生命保険経営管理部広報チームマネジャーの弘重学氏はこう話す。

 「Believe」は、保険代理店などのほか、インターネットからも加入申し込みができるのが特徴だ。このほかインターネットで加入できるがん保険には、ネクスティア生命保険の「カチッとがん保険」がある。同社の保険はインターネット限定で、保険料が安いのが特徴力だ。
 
保険期間と支払期間も吟味を
 また、がん保険を選ぶときには、保障の内容と共に、保険期間や支払期間も考える必要がある。

 保険期間は、保険会社にもよるが、5年や10年ごとに更新する「定期」タイプ、保険料を払っている限り保障が続く「終身保障」タイプに分けられる。保険料の払込期間を、60歳満期、65歳満期など年齢で区切るタイプと終身払いのどちらにするかで、選ぶ商品が異なるわけだ。

 「がんになるリスクは高齢になるほど上がることを考えると、保険期間は終身がお勧め。5年、10年で更新していくタイプは、最初は保険料が安くても、高齢になると保険料がかなり上がるので、年金生活になったときに支払えるかを考えた方がよいでしょう。保険料の払い込みは、60歳、65歳までに支払い終わるに越したことはありませんが、そういうタイプのものは保険料が高いのが難点です」と柳澤氏はいう。

この記事を友達に伝える印刷用ページ