このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

日本医療政策機構 がん政策情報センター寄稿

2011/10/4

日本医療政策機構 がん政策情報センター寄稿Vol.15

今、がん対策で起こっている“変革”

患者、現場、地域の声を、立場を越えて束ねよう

内田亮、埴岡健一=日本医療政策機構 がん政策情報センター

 2011年7月に都内で開催された「がん政策サミット2011」では、がん患者さんを中心に、全国から、がん対策に取り組む関係者約170人が集まり、各地の好事例を共有し、がん対策を一緒に動かしていくことを議論した。同サミットの議論の中から見えてきた、全国で起こっているがん対策の動きを紹介する。


2011年7月に都内で開催された「がん政策サミット2011」の会場の様子。地域ごとに、患者関係者、議員、行政担当者、医師が、1つのグループとなって会議に参加した。

 「一国民として、一県民として、政策に意見を述べる学びを得ました」。「がん政策サミット2011」に参加した患者関係者が、サミット終了後に回収された参加者アンケートに寄せた感想だ。がん政策サミット(以下、がんサミット)は、参加者が自ら政策を考え、提言するための“学びの場”になっている。

 「一緒に参加した患者さんや県庁担当者と、共に学んで条例を作ろうと、意思を一つにしています」。これは県議会議員が記入したコメントだ。がんサミットは、がん対策を共に動かす仲間を見付ける場でもある。

 「がん政策サミット2011」には、「四位一体(よんみ・いったい)」をキャッチフレーズに、患者さん、都道府県の担当者、都道府県議会議員、医師を含めた医療関係者の4つの立場のがん対策関係者が集まった(図1)。参加者の主な目的は3つ。まず、各地の好事例を学び実践する手法を身に付けること、次に、一緒に活動する仲間を見つけること、そして、がん対策を推進するという情熱を地元に持ち帰ること――である。

「がん政策サミット2011」の概要

日時
 2011年7月16日(土)〜18日(月) 
テーマ
 がん対策を動かし続けるチーム作り
目的
●国や地域でがん対策を向上し続けるために必要なノウハウ(?チームモデル ?継続運営ノウハウ ?情熱)を身に付け、がん対策に関する議論をリードしよう
●「がん政策サミット」は2009年から行われており、今回は5回目で、がん政策情報センター第1期プロジェクト(09〜11年の3年間)の集大成として開催された
内容
第1部:全国の仲間から〜がん対策活動の成果と好事例を共有〜
第2部:がん対策を動かす仕組みを学び合う〜“四位一体”型の議論と意見集約の手法〜
第3部:振り返りとまとめ〜地域の活動につなげよう〜
特別プログラム:がん対策基本法過去5年間のまとめと新5カ年計画について
復興シンポジウム:大震災から学ぶこと
参加者
 41都道府県から総勢172人
 患者関係者、国会議員及び秘書、都道府県議会議員、市議会議員、都道府県庁のがん対策担当者、がん診療連携拠点病院の医師など

図1 全国各地から4つの立場のがん対策関係者が集合

各地のがん対策好事例が共有され、全国に広がっている
 2009年春に始まり、同年秋、2010年春・秋、そして今回と、計5回を数える。がんサミットは、がん対策にどのような影響を与えているのだろうか。

 現在、全国的に起こっているがん対策の動きの中で、がんサミットが一定の“触媒役”を果たしたと考えられるのが、がん対策推進条例(以下、がん条例)制定活動だ。

この記事を友達に伝える印刷用ページ