このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

日本医療政策機構 がん政策情報センター寄稿

2011/3/1

日本医療政策機構 がん政策情報センター寄稿Vol.11

患者の立場で国際学会に参加してみよう

沢口絵美子、埴岡健一=日本医療政策機構 がん政策情報センター

 日進月歩のがん治療。その最先端の研究成果を発表し、オープンな場で論議する場といえば、研究者や臨床医の集団である学術団体(学会)の学術集会。そのような学術集会には専門家だけしか参加できない、と思っていないだろうか。実は、患者の立場で参加して、多くのことを学び、ネットワークを作ることができる。実際にがんの国際会議に参加した人たちに、その経験を語ってもらった。


沢口絵美子(さわぐち えみこ)
NPO法人 日本医療政策機構 市民医療協議会
厚生政策情報センターWIC REPORT編集長などを経て、2009年より日本医療政策機構に参画。患者アドボケートの育成支援を担当。

 「新たに承認された抗がん剤が標準治療に加わった」「新薬の臨床試験で、有効性と安全性が確認された」――日進月歩のがん治療。その最先端の研究成果を発表し、オープンな場で論議する場といえば、研究者や臨床医の集団である学術団体(学会)の学術集会などだ。そのような学術集会には専門家だけしか参加できない、と思っていないだろうか。

患者も学会に参加する時代に
 実は近年、学会は、学術のみならず専門家教育や社会活動にも積極的に取り組むようになっている。特に医学・医療関連の学会は、学術集会の1つのイベントとして、患者教育セッションや患者団体交流コーナーなどを設けるようになってきた。

 日本ではまだ少ないが、欧米で開かれる国際会議では、患者向けに低料金で参加できる制度やスカラーシップ(招待)制度が用意されているケースもある。こういった国際学会では、世界各国から患者団体が集まって交流し、患者アドボカシー(患者の立場からの提言活動)について情報を交換している。

埴岡健一(はにおか けんいち)
NPO法人 日本医療政策機構 理事
日経ビジネス記者、ニューヨーク支局長、副編集長などを経て、1999年骨髄移植推進財団事務局長。08年より日本医療政策機構市民医療協議会共同議長、がん政策情報センター長。厚労省がん対策推進協議会委員ほか。

 このように、患者も学会に参加する時代になっているのだ。

 「抗がん剤を併用して生存率を高めることを検討している研究発表を聞いて、標準治療が変わる兆しを感じた」。2010年に欧州臨床腫瘍学会(ESMO:European Society for Medical Oncology)の年次学術総会で、臨床試験の成果が発表されるセッション会場を訪れた吉田祐子氏(沖縄県がん対策推進協議会委員)は話す。

 ESMOの年次学術総会は、米国臨床腫瘍学会(ASCO:American Society of Clinical Oncology)の年次学術総会などと同様に、がんにかかわる研究者や臨床医が世界中から集まる国際会議の1つ。数多くの臨床試験の結果が発表され、新しい標準治療が生まれる、まさに“がん治療の歴史が作られる場”といってもよいだろう。
 
 そのESMOでは患者セミナーも企画されており、多くの患者関係者が参加している。

写真1 2010年にESMOの年次学術総会に参加した吉田氏(写真左)

 同セミナーで、EU(欧州連合)各国のがんの実情とその対策について発表を聞いた吉田さんは、「欧州の国々にも地域の格差があり、様々な取り組みをしていることが分かった。日本が抱える地域格差の問題と同じだと思った」と参加した感想を語る(詳細は、がん政策情報センターの「欧州臨床腫瘍学会(ESMO)学術集会研修ツアーレポート」を参照)。

 09年にESMOの年次学術総会に参加した安岡佑莉子氏(厚生労働省がん対策推進協議会委員)は、「患者が自分の病気に対して関心を持ち、治療に主体的に参加することで、自ら治療を選択できるようになると常々考えていた。ESMOの『賢い患者はより良い医療を受けられる(Informed patients receive better treatment & care)』というセッションを聞き、欧州の患者も同様の問題意識を持っていて、それを科学的に追究・検討していたことが強く印象に残った」と話す。

この記事を友達に伝える印刷用ページ