このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2018/6/27

第26回日本乳癌学会学術総会・患者セミナーより(第4回)

HER2陽性乳癌の術前・術後治療は化学療法+2種類の抗HER2薬に期待

化学療法+トラスツズマブ+ペルツズマブが使われる可能性

八倉巻尚子=医学ライター

 積極的な技術開発により乳癌治療は常に変化している。診断精度の向上で癌が小さいうちに発見されるようなり、乳房を切除した場合も再建術によって整容性を保つこともできるようになってきた。放射線照射による晩期の副作用も以前に比べて軽減している。多くの新薬が登場して一人一人に合った治療法を選べるようにもなっている。次々に加わる新しい情報をアップデートすることは医療者にとっても患者にとっても大変だが大切なことだ。

 5月に京都で開催された第26回日本乳癌学会学術総会では、乳癌の診断や治療について最新の知識を共有することを目的に、患者セミナー「皆で考えよう、未来の乳がん医療」が開催された。その中から、手術療法、放射線療法、薬物療法について連載で紹介する。第4回はホルモン感受性乳癌HER2陽性乳癌の薬物療法。


 薬物療法については、トリプルネガティブ乳癌とホルモン感受性乳癌・HER2陽性乳癌の2つに分けて講演が行われた。ホルモン感受性乳癌・HER2陽性乳癌の薬物療法を担当したのは、埼玉県立がんセンター乳腺腫瘍内科の永井成勲氏。術前治療と術後治療に関して、現在の治療法と今後期待される治療の効果と副作用を解説した。

化学療法+トラスツズマブ+ペルツズマブの術前治療で癌を消失

 HER2陽性乳癌に対して現在行われている術前治療は、化学療法に加えてトラスツズマブを投与する治療法である。トラスツズマブをはじめとする抗HER2薬は乳癌細胞の表面にあるHER2受容体に結合して癌細胞の増殖を抑制するが、HER2 受容体は心筋細胞にもあるため、抗HER2薬によって心毒性が起こるといわれている。しかし、化学療法とトラスツズマブの併用で「心毒性が増えることはなく、病理学的完全奏効が増える、すなわち顕微鏡で癌が消失していることが観察されている」と永井氏は説明した。HER2陽性乳癌で癌が消失した群は消失しなかった群に比べて、無再発の割合が高いという報告もある(Cortazar P, et al. Lancet 2014)。

 そこで術前治療としてより優れた治療を探すため、標準治療である化学療法+トラスツズマブと、化学療法+他の抗HER2薬、化学療法+2種類の抗HER2薬を比較する試験が行われた。

 ここで登場してくるのが、再発乳癌に使われている別の抗HER2薬のペルツズマブである。ペルツズマブもトラスツズマブと同様に、HER2受容体に結合するが、結合部位が異なる。また「癌細胞に有利な信号を送るには、仲間の受容体とカップルを形成する必要があるが、ペルツズマブはこのカップル形成を阻害し、より効果的にHER2の信号がブロックされる」(永井氏)。

 原発巣が2cm以上でHER2陽性の早期乳癌、局所進行乳癌、炎症性乳癌を対象に、「ドセタキセル+トラスツズマブ」を標準治療として、「ドセタキセル+トラスツズマブ+ペルツズマブ」、化学療法を用いない「トラスツズマブ+ペルツズマブ」、「ドセタキセル+ペルツズマブ」が比較された(NeoSphere試験)。

 その結果、標準治療の「ドセタキセル+トラスツズマブ」では「3分の1の人で癌が消えた」(Gianni L, et al. Lancet Oncol. 2012)。そこにペルツズマブを加えると、病理学的完全奏効の割合は45.8%と高くなった。一方で、「ドセタキセル+ペルツズマブ」は標準治療より病理学的完全奏効の割合が低かったため、「トラスツズマブからペルツズマブへの置き換えは有効でない」。

 さらにホルモン受容体陰性、陽性で分けると、すべての治療群でホルモン受容体陰性の患者のほうが効果は高かった。HER2陽性でホルモン受容体陰性の場合、病理学的完全奏効の割合が最も高かったのは「ドセタキセル+トラスツズマブ+ペルツズマブ」で、6割以上で癌が消失した。
 
 また標準治療に比べて、ペルツズマブを併用しても副作用が増えることはなかった。「ペルツズマブもHER2をターゲットとした薬剤なので、心毒性が懸念されるわけだが、術前治療としてペルツズマブを加えても心毒性が増えることはなかった」。

 日本でも試験が行われており、「ドセタキセル+カルボプラチン+トラスツズマブ+ペルツズマブ」で、病理学的完全奏効の割合は56.9%、さらにホルモン受容体陰性の患者では7割を超えた(Masuda N, et al. ESMO2017, PD159)。

 そのため、「最新の術前治療として、化学療法+トラスツズマブ+ペルツズマブは病理学的完全奏効の割合を向上させ、心毒性の増悪はない」と永井氏は話した。

この記事を友達に伝える印刷用ページ