このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2018/6/11

第26回日本乳癌学会学術総会・患者セミナーより(第2回)

目に見えない光を使う放射線療法で根治性を損なわず乳房も諦めない

放射線療法は局所再発と全死亡率を改善、乳房再建後の照射・照射後の乳房再建も可能

八倉巻尚子=医学ライター

 積極的な技術開発により乳癌治療は常に変化している。診断精度の向上で癌が小さいうちに発見されるようなり、乳房を切除した場合も再建術によって整容性を保つこともできるようになってきた。放射線照射による晩期の副作用も以前に比べて軽減している。多くの新薬が登場して一人一人に合った治療法を選べるようにもなっている。次々に加わる新しい情報をアップデートすることは医療者にとっても患者にとっても大変だが大切なことだ。

 5月に京都で開催された第26回日本乳癌学会学術総会では、乳癌の診断や治療について最新の知識を共有することを目的に、患者セミナー「皆で考えよう、未来の乳がん医療」が開催された。その中から、手術療法、放射線療法、薬物療法について連載で紹介する。第2回は放射線療法


 放射線療法については、滋賀県立総合病院放射線治療科の山内智香子氏が講演し、「目に見えない光である放射線療法が乳癌においてどういった役割を果たしているか」を紹介した。手術後の放射線療法として、乳房温存手術後、乳房全切除術後、さらに最近増えている乳房再建後の放射線療法について、その効果や位置付けを説明。また脳転移に対する放射線療法と骨転移に対する放射線療法に関しても解説した。

乳房温存手術後の放射線療法で局所再発率だけでなく全死亡率も改善
 まず手術後の放射線療法について、乳房温存手術後の放射線療法に関しては多数の臨床試験とそれを統合的に解析した結果が報告されている。例えば、10の臨床試験7311例のメタ解析で、5年局所再発率は放射線療法をした群では7%、放射線療法をしなかった群では26%であり、相対リスクは0.31(Clarke et al. Lancet 2005, 355)、つまり「再発が3分の1に減ることになる」と山内氏は説明した。また17の臨床試験10801例の解析では、乳癌死を10年で3.8%低下させ、相対リスクは0.82に、またすべての死亡を15年で3.0%低下させ、相対リスクは0.92との報告もある
(EBCTCG, Lancet 2011, 378)。このため、放射線療法には「局所の再発を防ぐだけでなく、全死亡率も改善するという大きな効果がある」とした。

 乳房全切除術後の放射線療法についても同様に、局所再発率と死亡率を改善することが示されている。リンパ節転移陽性8505例を対象に、放射線療法を行ったかどうかで比較した解析では、局所再発は5年で17.0%低下、乳癌死は15年で5.4%低下した(Clarke et al. Lancet 2005, 355)。ただし、「リンパ節転移のない患者においては、生存率にあまり寄与しないことがわかっているので、基本的にはリンパ節転移があった患者に行う治療となっている」と話した。

この記事を友達に伝える印刷用ページ