このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2015/11/2

サロン発祥の地・島根で「がんサロン支援塾」開催

患者・家族が気持ちを分かち合うがんサロン、開設と継続の秘訣は?

あなたも一歩踏み出してみませんか?

福島安紀=医療ライター

宗教者、看護学生もサロンに参加
 納賀氏は、「がんサロン 島根から始まった波〜11位(み)1体から得るものとは〜」をテーマとした講演で、患者・家族にとって居心地のよいサロンにするためには、医療関係者ではなく、患者側が中心になって開設・運営を進める重要性を強調した。全国のサロン関係者の相談にのってきた経験から、開設の際には、人を集めるための事前告知、病院内のサロンなのか地域のサロンなのか、どのような内容のサロンを目指すのかを考えるのが重要で、さらに初めて参加した患者でも自分自身を語れる状況を作ることが大事と話す。「11位(み)」とは、患者、医療関係者、行政、メディア、県議会議員、教育、産業(企業)、がん患者の住宅環境を考える建築家、宗教者、人生学、在宅医療の担い手のこと。視点が異なる関係者が一体となってサロン作りとがん対策を進めることが必要という。

真宗大谷派専龍寺住職の前田賢龍氏

 宗教者との関わりについて真宗大谷派専龍寺住職の前田賢龍氏は、2011年からときどきがんサロンに参加し、患者や家族の悩みに耳を傾けている自身の活動を紹介。がんの痛みの1つであるスピリチュアルペインとそのケアについて触れ、次のように話した。

 「日本語では『霊的な痛み』などと訳されるので怪しく見られてしまうが、『私が命を終えたら自分はどうなるのか』、『どうして自分だけが不幸な目にあうのか』、『家族がいても寂しくて仕方がない』といった、がんの患者さんが抱える悩みは、私が宗教行事の際にご門徒(檀家)さんと話すなかでもよく聞かれる。がんサロンは、特定の信仰集団ではないので、宗教者が参加する際には、個別の宗教観を押しつけずに、人と人との関わりのなかで一緒にどう歩んでいくかが大事だ」。

 さらに前田氏は、米国でチャプレン(臨床宗教師)の資格を取った僧侶が京都で活動し、東北大学大学院(宮城県仙台市)や龍谷大学大学院(京都市)で臨床宗教師の養成が進んでいることを紹介。「臨床宗教師やチャプレンのようなトレーニングされた宗教者とともに私どものような普通の僧侶も、患者さんやご家族を支える一翼を担えるのではないか」と語った。

島根県立石見高等看護学院主任看護教員の中島美和子氏

 また、益田市にある島根県立石見高等看護学院では、2011年から成人看護学実習の一環として、看護学生に益田がんケアサロンへの参加を必修化している。その成果について発表した主任看護教員の中島美知子氏は、「がんサロンは、患者さんやご家族にとって、癒される場、不満を言える場、勉強する場。私がサロンに参加した日も患者さんたちは、乗り越えた苦悩、現在も抱える苦痛について、自己の現状や医療サイドに求めることを前向きに話されていた。看護学生が、サロンに参加することが患者さんやご家族にもよい効果をもたらすようにすることが今後の課題」と報告した。

この記事を友達に伝える印刷用ページ