このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2015/10/27

NPO法人 エンパワリング ブレストキャンサー(E-BeC)理事長の真水美佳氏に聞く Vol.3

乳房切除術後の下着選びに悩む患者さんに情報を発信したい

聞き手は満武里奈=日経メディカル

 NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー(E-BeC)は乳がん患者を対象に、乳房再建に関するアンケートを毎年実施している。E-BeC理事長の真水美佳氏に今年のアンケート結果、そして乳房再建をめぐる現状と課題について話を聞いた。Vol.3では、今後のE-BeCの活動について話を伺った。


E-BeC理事長の真水美佳氏

――今後、どんな活動をしていく予定ですか?
真水氏
 私たちE-BeCの活動は、ウェブサイトでの情報発信、キャラバンやセミナーでの情報提供、アンケートの3本柱です。今後は、例えば、術後ケアなど、患者さんが知っていると役立ちそうな情報をまとめたハンドブックをさらに作ることも検討したいと考えています。またアンケートも来年以降も継続していきたいと考えています。

 あとは下着に関する悩みについてどのように情報を発信していくかを考えています。

――下着に関する悩みですか?
真水氏
 はい。今後の課題の一つですね。
 昔は、命のこと考えるだけで精一杯でしたが、医学の進歩によって乳がん患者さんも長く生きられるようになってきました。これまではともするとないがしろにされがちだったQOLがようやく大切にされるようになりました。乳房再建手術の保険適用は乳がん患者さんのQOLを向上させる大切な一歩ですし、QOLという視点が大切であることを広く知っていただく大きな追い風となったと思います。

 しかし、下着に関しては悩みを抱える乳がん患者さんが多いのが現状です。乳房切除術後は、元の下着を使用できない患者さんも少なくありません。私も術後に下着を買いに行ったのですが、乳がん患者であることを伝えたところ、店員さんはフィッティングルームに入ってくることもなく、「どうですか」の一言もなかったことがありました。まるで腫れ物を扱うような対応をされ、とてもショックでした。

 一方で、乳がん患者向けの下着を売っている店もあるのですが、そういう場所に行くことや、患者専用の下着を使うことで「あぁ、わたしは乳がんなんだ……」と思い出してしまい、暗い気持ちになる人がいることも耳にします。

 下着は毎日身につけるものですから、できれば乳がんであることを忘れ、暗い気持ちにならないようになってほしい。そのためには、乳がん患者が一般の下着売り場で普通に下着を購入できるようになることも必要ではないかと思います。

 例えば、術後は、ブラジャーのワイヤーが神経に当たって痛みを感じたり、頭痛につながってしまったりすることがあります。そういったところを踏まえて下着を見立ててくれる店員さんがいてもいいのではないかと思います。これだけ乳がん患者さんが増えているのですから、一般の下着売り場で乳がん患者さんにも対応できる時代が来てもいいのではないかと感じています。

 今後、E-BeCとしては、どのように下着を選ぶかについても情報を発信していきたいと思います。術後の下着の指導をしている病院はまだまだ少ないのが現状ですから。

 また 術後には患部を清潔に保つことが必要なのですが、中には術後、傷口を見るのが怖いということで、傷口を一切洗わないという人が少なくありません。傷跡をきれいになくすためにも清潔にしなければならない。こういった当たり前の情報もしっかりと発信していきたいです。

 10月18日には金沢市で乳房再建全国キャラバンを開催しました。金沢エリアで乳房再建に力を入れる金沢医科大学形成外科准教授の島田賢一先生、そして乳房再建で有名な横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科部長の佐武利彦先生にご登壇いただきました。今後もこうしたキャラバンやセミナーを全国各地で企画しますので、ぜひお越しいただければと思います。

 今後もE-BeCは、乳房再建を考えている患者さん、そして乳房再建後の患者さんに役立つような情報を発信していきたいと思います。

※Vol.1の記事はこちらから
乳房再建術、保険適用後も「費用」のハードルを感じる患者が多い

※Vol.2の記事はこちらから
乳房再建術で重要なのは患者と医師との信頼関係

この記事を友達に伝える印刷用ページ