このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2015/10/13

NPO法人 エンパワリング ブレストキャンサー(E-BeC)理事長の真水美佳氏に聞く Vol.1

乳房再建術、保険適用後も「費用」のハードルを感じる患者が多い

聞き手は満武里奈=日経メディカル

再建後「前向きになれた」人が多い
 「乳房再建手術」を受けたことへの満足度を尋ねたところ、「満足している」が56%、「ほぼ満足している」(28%)で、およそ8割が満足していることが明らかになりました。

Q:再建手術を受けたことへの満足感(単位:人、%)
(E-BeCホームページより、※クリックすると拡大します)

 乳房再建をすでに行った人を対象に、再建をして良かったと思うことを質問してみました。「前向きになれた」という心理面でのプラス効果を感じている人が多いことが分かりました。「温泉やスポーツジムに行ける」「子どもや孫とお風呂に入れる、海やプールに行ける」など、裸を見せることの多い場所にためらわずに行けるようになったことや「好きな洋服が着られる」など、おしゃれにも再び積極的になれたことを挙げる人も多かったです。

Q:再建をしてよかったと思うこと(単位:人)
(E-BeCホームページより、※クリックすると拡大します)

 逆に再建して良くなかったことを尋ねたところ、「乳房の左右バランスが悪い」など、仕上がりに満足していない人が相当数見られました。また自家組織での再建の場合、移植用の組織を採取した部分に残った違和感に不満を抱くケースもあるようです。そのほか、少数ではありますが感染症や被膜拘縮、腕のしびれなどの問題を抱えている人がいることも分かりました。

Q:再建をしてよくなかったこと(単位:人)
(E-BeCホームページより、※クリックすると拡大します)

 次回Vol.2では、今年のアンケート結果を踏まえ、乳房再建をめぐる現状と課題について真水氏に解説していただきます。

この記事を友達に伝える印刷用ページ