このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2014/12/30

〜NPO法人キャンサーネットジャパンらがセミナー「もっと知ってほしい がんと脱毛・皮膚のこと」でQ&Aセッション

「薬物療法中は毛染めをしてはいけないの?」

福島安紀=医療ライター

Q9:症状がそれほど強くない場合、かゆみを抑えたり保湿をするために市販薬を使ってもよいのでしょうか?

A(山崎) それでうまく症状がコントロールできていればいいと思います。僕がみている患者さんにも、普段使っている保湿剤があり、それがノンアルコールで刺激が強くなければそのまま使うことを勧めています。市販薬は、同じ量の医師の処方薬に比べて高いのが一番のデメリットですが、逆に、医師の処方薬の一番のデメリットは塗り心地です。処方薬は効果を優先して考えていますからベタベタしているのですが、市販薬は塗り心地を重視していますよね。ワセリンのような薬でもいいですが、気に入ったものを使ったほうが長続きするから、市販薬がいいならそれを使用した方がいいと思いますね。

この記事を友達に伝える印刷用ページ