このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2014/6/10

倦怠感を解消するポイント Vol.4

無理をせず少しずつ運動量を上げていき、倦怠感を予防・緩和しましょう

加藤勇治

 このゴムバンドを椅子の脚にくくりつけます。椅子に座り、ゴムバンドを足に掛けます。

 息を吸い込んだ後、ゆっくり息を吐き出しながら、同じくゆっくり膝を伸ばしていきます。膝を伸ばしたら、可能ならばそのままの状態を1〜2秒、維持してみましょう。

 その後、鼻から息を吸いながら、ゆっくりと足を元の位置に戻します。

足にゴムをかけ、息を吐き出しながらゆっくりと膝を伸ばしていきます。そのとき手は膝を押さえたり、椅子をつかんでいたりするとよいでしょう。膝を伸ばしたら、可能であれば1〜2秒程度、そのままの状態にしてみましょう。その後、息を吸い込みながらゆっくりと膝を曲げ、足を元の位置に戻しましょう。

 この足の運動は、息を止めて踏ん張るやり方ではありません。呼吸の仕方が難しければ、息を止めずに運動することに重点を置きましょう。息を止めて踏ん張らなくても膝を曲げ伸ばしできる強度のゴムバンドを使うようにしましょう。楽にできる強度のゴムバンドを選びます。

 この筋力トレーニングを横から見ると以下の写真の通りです。

この記事を友達に伝える印刷用ページ