このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2014/5/20

倦怠感を解消するポイント Vol.2

エネルギー節約、睡眠・食事の工夫で倦怠感を防ぎ、緩和しましょう

加藤勇治

3 食事の改善

 倦怠感を和らげるため、十分な栄養をとることは大切です。ただし、治療によって食欲がわかないときもあるかもしれません。以下のポイントに留意しながら、ご自身で工夫してみましょう。

◆水分摂取を十分に
・日中、できるだけ水分を摂取するようにしましょう。目安は1日1リットル以上です。
・トイレが近くなるのを嫌って水分を控えるケースがありますが、できるだけ水分はまめにとって下さい。
・暑い日や食事量が少ないときには、体内の水分が多く失われる一方、摂取する水分量が少なくなりがちです。イオン水など、電解質成分を含む水分を補給すると良いでしょう。

◆食事制限がない方
・できれば毎日果物をとりましょう。
・食が進まないときは、食べたいときに食べたいものを食べるようにします。
・たんぱく質を多くとりましょう。魚や肉、豆腐類などに多く含まれています。おやつでは、牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品に多く含まれています。

◆食事制限がある方
・別の病気で、食事制限を指導されている場合は、その指導に従いましょう。

この記事を友達に伝える印刷用ページ