このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2013/6/11

―日本対がん協会会長・垣添忠生氏に聞く

すべての病院で遺族にグリーフケアの提供を

がんで配偶者を亡くす人は年間20万人

福島安紀=医療ライター

体を動かす効用

 もう一つ、私が効果を実感したグリーフワークは「体を動かすこと」です。ウォーキングなど軽い運動は、大切な人と死別した人が抱えるイライラ感、寂しさや空虚感、抑うつ気分を少しずつ解消し、精神的な回復をもたらします。

 私は、妻が旅立った翌年のゴールデンウィークに、もともと2人で楽しんでいたカヌーと山歩きを再開しました。また、10カ月ぐらい経った頃、新しいことにチャレンジしたい気持ちが芽生え、古武道の「居合」を始めました。2時間夢中で稽古すると、汗びっしょりになってその間だけは悲しみを忘れられるわけです。居合自体が面白かったから今も続けており、今年3月には3段を取得しました。

 山に登るときには、「なんでこんなに苦しんだ」、「ひでぇ道だよな」などと心の中で妻と対話しながら歩いています。ザックの中に妻の写真を入れて行き、頂上に着いたらそれを取り出して360度景色を見せます。日常的に妻の写真を持ち歩いて、常に一緒にいる気持ちになったことも、立ち直るきっかけになりました。生物学的には間違いなく死んでしまったのだけど、私の心の中に依然として妻は生きている。だから今でも家で酒を飲むときには、妻の分も猪口を用意します。

 それから、「区切りのセレモニーを行う」というのも重要なグリーフワークの一つです。私が酒浸りの生活に区切りをつけるきっかけになったのは、妻の納骨でした。本人の希望で葬儀は行わなかったので、百箇日の法要での納骨が初めての追悼セレモニーとなりました。このセレモニーが私の気持ちに区切りをつけ、妻が旅立って100日、つらかったけれども何とか乗り越えることができそうだと思いを新たにすることにつながったのです。

 葬儀もそういったセレモニーの一つですし、仏教なら四十九日、百箇日、一周忌、キリスト教のカトリックなら3日目、7日目、30日目の追悼ミサ、1年後の昇天記念日など。定期的に亡くなった方を哀悼する機会を持つと、時の経過を改めて確認し、自分の状態や環境の変化を自覚するきっかけになります。

この記事を友達に伝える印刷用ページ