このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2013/5/7

乳がん術後の腕や肩の障害を防ぐマッサージ・運動のポイント Vol.1

加藤勇治

(4)筋力の低下

 乳がんの手術後、「手術したのだから」と手術を行った側の腕を必要以上にかばったり、痛みや皮膚のひきつれ感で腕をあまり動かさなかったりすることで筋力が低下してしまうことがあります。具体的には、握力の低下や物を持ち上げる力が弱くなります。握力の低下は、一般的に、手術をしなかった側の握力と手術をした側の握力の差が4kg以上、または手術前後での比較で判断します。

(5)皮膚のひきつれ感

 手術を行うことで、筋肉や脇の皮膚が縮むため、腕を上げたときに筋肉や皮膚が引っ張られる感じが出ることがあります。これをひきつれ感と呼びます。

この記事を友達に伝える印刷用ページ