このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2013/3/19

がん体験を生かす国立がん研究センターのがん対策応援団「患者・市民パネル」

福島安紀=医療ライター

地域でがん情報を伝える広報活動も重要な役割

患者・市民パネル活動を行う埼玉県の柳生田幹久氏

 さらに、患者・市民パネルにはもう1つ大きな役割がある。それは、「知れば安心 がん情報」、「がん情報さがしの10カ条」など、がん対策情報センターが発行するパンフレットを住んでいる地域の患者・家族へ届けたり、イベントの広報を行ったりすることだ。野村さんやKさんも精力的に、住んでいる地域のがん診療連携拠点病院やがん関連の講演会会場をまわり、広報活動を行ってきた。

 2012年度から患者・市民パネル活動を行う埼玉県の柳生田幹久さん(60)は、もともと保険会社で働いてきた経験を生かし、生命保険会社の営業担当者に対し、がん情報や療養を支援する経済的な制度などを伝える研修活動にも力を入れる。今のところ、その活動も同センターの活動を応援する活動の一環と考え、ボランティアで行っている。

 「2009年8月に浸潤性膀胱がんと診断されてから、8回も入退院を繰り返し、健康なときとはほど遠い生活を余儀なくされ、ストレスや再発・転移の恐怖と闘う毎日でした。でも、患者・市民パネルになってからは、自分にもやれることがあるのだと張り合いが持てるようになり気持ちががらりと変わりました」と柳生田さん。

 ただ、地域のがん関連のセミナーでがん対策情報センターのパンフレットを配っても何かの販売業者と間違えられて拒否されたり、医療関係者でさえ国立がん研究センターのがん情報サービスを知らない実態に愕然としたりすることがあった。それでも、柳生田さんは、「再発の恐怖で落ち込む日もありますが、同じように複雑な思いを抱えている人たちに正しい情報を伝えていきたい。せめて、これからは、がんになったとき保険の営業担当者が、保険の加入者ががんになったときに必要な情報を伝えられるように、がん体験と保険業界での経験と人脈を生かして活動を続けていきたいですね」と話す。

 野村さんは、患者・市民パネルの活動を通じて得た情報を元に、奈良県がん対策推進協議会委員になった。パネルの任期は3月末で終わるが、新たに、がん種を問わず参加できる患者会を奈良で立ち上げるという。

 患者・市民パネルの募集は、毎年12月初旬ごろからで、100人のうち50人程度新しいメンバーを募集する。謝礼は年間2万円で、交付式・検討会に参加する際には交通費が支給される。この4月からは、新たなメンバーが加わり6期目の活動がスタートする。

この記事を友達に伝える印刷用ページ