このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2013/3/5

がんナビ読者調査2013から(No.2)

今後情報を充実すべきがんの上位は「大腸がん」「乳がん」「肺がん」

満武里奈=日経メディカル別冊

 がんナビの読者が、今後のがんナビで充実すべきがんとして回答したのは「大腸がん」が最も多く44.0%だった。2位は「乳がん」(43.6%)、3位は「肺がん」(38.3%)、4位は「前立腺がん」(34.2%)、5位は「胃がん」(32.1%)という結果になった(図1)。

図1 今後がんナビで充実すべきがんは?(複数回答可)

 昨年の調査では、充実すべきがん腫として「乳がん」(42.7%)、「大腸がん」(38.2%)、「肺がん」(34.4%)「胃がん」(31.3%)、「膵臓がん」(28.2%)の順に多かった。今年と昨年の結果を比較すると、昨年は2位だった「大腸がん」が今年はポイントを上げ、1位となった。また、今年新たに「前立腺がん」が上位5位以内に入ってきたかたちとなった。昨年の調査では、「前立腺がん」を選択した人は26.0%にとどまっていた。


●今後取り上げるべきテーマは「抗がん剤に関する最新の臨床試験結果」と「治療全般」

さらに、今後がんナビで取り上げていくべきテーマについて尋ねたところ(複数回答可能)、最もポイントが高かったのが「抗がん剤に関する最新の臨床試験結果」と「治療全般」でそれぞれ56.0%だった。次に多かったのが「抗がん剤治療」が55.6%、「再発後の治療・ケア」が51.4%、「国内外の学会で発表された情報」が48.6%と続いた(図2)。

図2 今後がんナビで取り上げていくべきテーマは?(複数回答可)

 「抗がん剤に関する最新の臨床試結果」「国内外の学会で発表された情報」は、昨年の調査では選択項目として入れていなかったが、今年の調査で新しく回答項目として設定したところ、それぞれ1位、5位に入った。

 昨年の調査では、選択できる回答項目に違いがあるが、1位が「治療全般」(64.1%)、「抗がん剤治療」が63.4%、再発後の治療・ケアが57.3%、緩和ケア、在宅ケアが52.7%だった。

 次回は、がんナビ読者からいただいた自由記述を紹介する予定だ。

この記事を友達に伝える印刷用ページ