このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2013/2/26

骨転移による麻痺、骨折をいかに防ぐか

四国がんセンター整形外科 杉原進介氏と中田英二氏に聞く

野中希=医学ライター

――四国がんセンターでは、原発科、放射線科、整形外科などが連携し、独自にSREへの対策をされていると伺いました。

杉原 当センターでは、放射線科の読影医が6〜7人在籍しています。数年前から、この読影医の方々が検査画像を評価する際、多忙な中ではありますが、骨転移巣が認められればカルテにその旨を記載してくださり、また医療秘書(メディカルクラーク)がその画像情報を含めて院内で共有できるよう知らせてくれる体制を整えることができました。

中田 杉原先生から、乳がん症例について骨転移判明時から登録することでSREを予防できないかというアイデアを受けて取り組み始めたのが最初です。その後、放射線科やそれぞれの診療科の先生方と議論しながら、まず放射線科において骨転移巣が認められればその旨を記載いただくことで、我々にも診断の段階から骨転移のある患者を把握できる体制を整えることができました。整形外科ではがん患者のリハビリを行っていますが、麻痺がおこってしまった患者ではリハビリしてもなかなか機能の回復が難しく、それぞれの診療科の先生方から麻痺の予防的対策はできないかといった相談があったのも背景にあります。

――画像をチェックされる際、どこをポイントに見られますか。

中田 脊柱管に腫瘍が入り込んでくると非常に危ないので、そういった方には定期的にMRIを撮るために外来に来ていただくようにしています。もう一つは、脊椎の椎体のおよそ4分の1くらいが壊れてきて、それが進行しているのが確かめられた場合です。つまり、脊柱管内腫瘍と椎体の破壊の二つです。また、我々の検討で、脊椎における転移巣数により骨折リスクに違いがあるというデータが得られ始めています。今後、こうした検討を進め、SREの発生リスクを評価できるようにしたいと考えています。

――骨転移が進行したSREハイリスク患者さんへの対処や主な治療法は?

中田 SREの発生リスクが高い方に対しては重点的に整形外科の外来で診察して、転ばないようになど骨折予防の注意を喚起する指導を進めています。

 治療については、まず、化学療法の効果を期待しています。放射線照射は有効ですが、脊髄への影響から何度も照射することが難しいからです。骨転移が進行しているということはがんの進行を意味しますので、原発がんの治療内容を変更すべきかどうかなど、主治医の先生と相談します。例えば、乳がんでは、近年多くの治療薬が登場し、選択肢も増えているため、治療内容を変えることで骨転移のコントロールも良好になった例も経験します。それでも骨転移巣が大きくなってきてしまった場合に放射線照射を行うことになります。

――最後に一言、骨転移の患者向けになにかアドバイスはありますか。

杉原 今、申し上げたとおり、一言で骨転移と言っても、がんの種類によって異なり、また患者ごとにも異なるため、一律に骨転移患者に対してこういう治療を行う、という標準的なものを作りにくいのが現実です。ただし、アドバイスとして、次のことは言えます。「骨転移がわかっていて、これまでと違った痛みがある、痛みがどんどん悪化してよくならない、明らかに足が立ちにくい、力が入らない(脱力)などの症状が出ている」場合は骨転移が進行していると思われるので、そういう場合は、「次の受診日まで待つのはやめ、できるだけ早く受診して欲しい」ということです。これだけは確かに言えることです。受診するのは主治医のところへ行ってください。

中田 骨転移があるからといって必ずしもSREが起こるというわけではありません。例えば単純な腰痛や加齢とともに発生する痛みなどもあり、「痛む」というだけで検査していると、本当に検査や治療が必要な人への対応が難しくなってしまうのも現実です。「骨転移を指摘されていて、痛みが強くなる、今までと違う痛みである」ということを目安にしていただきたいと思います。

 我々は、SREの発生リスクが高い方を明らかにするため、評価法の研究を進めています。適切なタイミングで適切な治療を行い、骨折や麻痺を回避できるよう頑張っていきたいと思います。

この記事を友達に伝える印刷用ページ