このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2013/2/5

大腸ESDでより大きな大腸病変でも内視鏡的一括摘除が可能に、重要なのは術前診断

広島大学病院内視鏡診療科教授の田中信治氏に聞く

聞き手:増谷彩=日経メディカル別冊編集

 大腸がんのうち、リンパ節転移の可能性が極めて低く、腫瘍が一括切除できる部位にある早期がんは、内視鏡治療の対象となる。大腸がんに対する内視鏡手技の選択肢は、ポリペクトミー大腸内視鏡的粘膜切除術(大腸EMR)に加え、2012年4月から大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(大腸ESD)が保険導入となり、3つとなった。内視鏡治療に詳しい広島大学病院内視鏡診療科教授の田中信治氏に、これら手技の特徴と、大腸ESDが保険診療となったことのメリットについて聞いた。


 大腸がんの治療には、大きく分けて内視鏡的摘除と外科手術の2つがあります。外科手術は、お腹を切って大腸のがんを切除するわけですが、身体への負担が大きいため、できるだけ低侵襲で切除する方法が検討され、内視鏡で大腸の中を観察しながら切除する内視鏡的摘除法が開発されました。後述するように、すべての大腸がんが内視鏡的摘除により切除できるわけではありませんが、早期であれば、お腹を切らずに切除できるようになってきたのです。

 大腸がんの内視鏡的摘除には、ポリペクトミー、大腸EMR、大腸ESDの3つの手技があります。ポリペクトミーは、病変にスネアという金属の輪をかけ、高周波電流を通電してがんを根元から焼き切る方法です(図1)。ただ、隆起した病変でなければスネアがかけられません。また、付着部が広いと通電時間が長くなり、薄い腸壁を穿孔してしまう可能性が高まるため、腸壁に付着する面積が狭いものが対象となります。

図1 ポリペクトミーの概要

 次に、大腸EMRは、病変直下の粘膜下層に生理食塩水などの液体を注入して膨隆させ、病変と筋層の間に十分なスペースを取ってからスネアをかけて摘除する手技で、付着部が多少広くても、また病変が隆起していなくても施行できるという特徴があります(図2)。ただし、これはポリペクトミーでも言えることですが、スネアの直径はおよそ2〜3cmしかありません。がんの場合は摘除病変の正確な病理診断のため、一括摘除が原則となります。そのためポリペクトミーや大腸EMRの対象は、スネアをかけられる病変、つまり直径が2cm程度までの病変となるわけです。

図2 内視鏡的粘膜切除術(EMR)の概要

この記事を友達に伝える印刷用ページ