このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2013/1/15

継続して働ける環境づくりが進んでいます─がんと共に働く─

国立がん研究センターと日経BP社による「働く世代」に向けたがん情報提供サイト「がんと共に働く」サイトより

 患者への支援の1つとして、医師はもちろん、看護師、薬剤師、栄養士、臨床心理士ら、専門医がチームで治療にあたる「チーム医療」に注目が集まっている。チーム医療とは? そしてまとめ役の腫瘍内科医の役割とは?


日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之氏

 がんの治療には、主に手術、放射線治療、薬物療法、緩和治療があります。手術は外科医が、放射線治療は放射線治療医が行います。これに対し、全身治療としての薬物療法と緩和治療を行うのが腫瘍内科医です。つまり、診断から治療まで、全身疾患であるがんに対する内科的なアプローチを専門とする医師が、腫瘍内科医です。

 腫瘍内科医は薬物療法だけを行うのではありません。薬物療法が適応でない患者さんを含め、すべてのがん患者さんの治療をコーディネートし、総合的なケアを行います。また、がんのチーム医療では、チームのまとめ役を担います。

 がんの薬物療法に使用される抗がん剤や分子標的薬などの薬剤は多くの種類があります。また、緩和治療や支持療法(がんによる症状や薬剤の副作用を和らげる治療)に使う薬剤もたくさんあります。がんの薬物治療では、副作用をじょうずにコントロールして、効果を最大限に引き出すことがたいへん重要です。

 そのためには、最新のデータに基づく標準的な治療を実践する高度な専門性が求められます。日本では以前、がんの薬物療法は主に外科医が行っていましたが、このように専門性が高くなるに従って、1つの専門領域として確立されてきました。

 2006年に、腫瘍内科専門医(がん薬物療法専門医)制度が創設され、現在までに全国で700人以上の認定専門医が誕生しています。「がん対策基本法」にもがん薬物療法専門医の必要性が明記されています。しかし、患者さんのニーズに応えるには腫瘍内科医の数はまだまだ十分とはいえず、その育成は今後の重要課題の1つです。

 最近、がんは慢性疾患、ありふれた疾患(コモン・ディジーズ)と見なされるようになりました。つまり、「がんと共に生きる」ことは、高血圧患者と同じくらいごく普通になったのです。したがって、働きながら治療を続ける患者さんのマネジメントも、腫瘍内科医の守備範囲です。患者さんが働きやすい環境づくりのお手伝いと、最良のがん治療の提供が、わたしたち腫瘍内科医のミッションと考えています。

 がん治療におけるチーム医療には2つの種類があります。ひとつは医師同士のチーム、もうひとつは医師を含めた他の医療職とのチームです。医師同士のチームには、外科医、腫瘍内科医、放射線治療医、病理医、画像診断医、緩和医療医、精神腫瘍医などが含まれます。

 主治医と他の医療職とのチーム医療は、患者さんを中心に、ご家族、医師、看護師、薬剤師、栄養士、メディカルソーシャルワーカー(MSW)、臨床心理士、理学療法士、ボランティアなどの専門家がチームで治療に当たるシステムです。日本でチーム医療といえば、主にこちらを指します。

 チーム医療における主治医の主な役割は、治療計画の立案とチームの取りまとめです。看護師や薬剤師は、主治医が立てた治療計画と、仕事を含む患者さんの生活とのすり合わせを行うことが大きな役目です。働くがん患者さんが、できるだけ日常生活を犠牲にせずに治療を継続できるよう工夫を重ねています。

 また、外来治療を受けている患者さんに、ご自宅で何か問題が生じたときに、迅速に対応することや、患者さんに自分が受けている治療の理解を深めていただくことも、看護師や薬剤師の重要な仕事です。

 効果的なチーム医療を推進するには、患者さんに最高の医療を提供するというビジョンと、チームのメンバー間の有機的なコミュニケーションが必要です。単なる専門家の寄せ集めではなく、メンバー間での支援や補完が当たり前に機能する関係性が構築できれば、最高の医療の提供も可能と考えています。

 また、良好なコミュニケーションを実現するには、患者さんを中心とし、医療者はすべて対等なパートナーとしての関係で結ばれることが重要と思われます。日本のがんチーム医療は、緒に就いたばかりですが、がんと共に働く患者さんにとって有用なものとなるはずです。患者さんがコミュニケーションの中心です。患者さんも恐れずに、医療者に積極的にアプローチしていきましょう。

 個々のがん患者さんは、病態や職場環境がさまざまです。化学療法を始める際に、自分から会社に報告する方もいれば、会社にいえずに悩まれる方もおられます。われわれの基本姿勢は、できれば会社の理解を得て、患者さんが働きながら治療を進められるよう支援することですが、すべてがうまく行くわけではありません。

 われわれの病院では、主に看護師が患者さんのお話を伺って、会社とのやりとりなどについてアドバイスしています。必要であれば、直接に会社と連絡をとってご説明し、働き方の調整を図ることもあります。また、傷病手当金のような手続き上の問題などはメディカル・ソーシャル・ワーカー(MSW)を紹介して相談していただきます。

 がんに罹った従業員を抱える経営者、管理職の方には、「2人に1人ががんになり、そのうち3人に1人が就業可能年齢である時代」の意味をよく考えていただきたいと思います。「がんに罹ったから戦力外」と短絡的に考えていただきたくないのです。がんを理由に、有能な従業員を解雇することは、会社にとっても効率的ではありません。そもそも、がんに罹る可能性があるのは、従業員だけではないのです。経営陣も同様のリスクを抱えているわけです。

 だからこそ、がんについて理解を深めていただきたいのです。たとえば、がん患者さんは、一般に体調に変動がみられます。調子がよく普通に働ける時もあれば、副作用の影響などで働くのは困難な時期もあります。このような変動はある程度予測できるので、多くのがん患者さんは働き方をうまく調整すれば、十分に会社に貢献できると思われます。

チーム医療の一員として

 チーム医療のメンバーとして、日ごろ現場で感じること、心がけていることを伺いました。

---小野寺氏(がん化学療法看護認定看護師)
「導く」のでもなく、「後押しする」のでもなく、看護師として患者さんに寄り添い、共に在るよう心がけています。ご家族に対しても同様に接しています。

---下地氏(緩和ケア認定看護師)
緩和ケアは、患者さんががんと診断された時から始まります。身体的、精神的な痛みを緩和し、できるだけ通常と変わらない生活を送れるよう心がけています。また、医師と患者さん、患者さんとご家族、医療スタッフ間の橋渡し役になれればと考えています。

---此松氏、宮内氏(薬剤師) 病院薬剤師は通常、外来患者さんと接する機会が少ない職種ですが、外来化学療法の際などには、患者さんの不安を取り除くために、積極にふれ合うことを心がけています。

---勝俣氏(腫瘍内科医)
チームのすべてのメンバーが、「患者さんの生活、そして人生を支える」というビジョンを共有し、共に日々の仕事に取り組んでいると感じます。これが、単なる専門家の寄せ集めではなく、メンバー間での支援や補完が当たり前に機能する関係性や、良好なコミュニケーションのもとになっているのはないでしょうか。

 勝俣氏の詳細なインタビューはこちらを参照ください

 次ページでは、仕事と治療の両立に関する研究に取り組む獨協医科大学の高橋都氏のインタビューを紹介します。

この記事を友達に伝える印刷用ページ