このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2012/10/31

九州大学泌尿器科学分野講師・診療准教授の立神勝則氏に聞く

腎がんの手術は進歩し続けています

──がんナビサブサイト「もっと知る腎がん」より

小さなきずで手術できる腹腔鏡下手術

 他方で、外科手術全般において、腹腔鏡下で行う手術に注目が集まるようになってきました。腹腔鏡下手術とは、お腹を小さく切開し、そこから手術器具(鉗子など)とカメラを挿入して手術するものです。従来の開腹手術と比べて、お腹の切開創(きず)が小さくて済み、術後の回復も早い低侵襲手術として、積極的に取り組まれるようになってきました。

 当然、泌尿器科領域でも注目され、腎癌や前立腺癌の摘出術で取り組まれるようになりました。腎部分切除術も腹腔鏡下で行うことができるのではないかと考えられるようになりました。

 しかし、腎部分切除には、根治的腎切除術と比べて、とても難しい点があります。それは、がんの塊を切り取った後、残った切り口を縫う必要があることです。腎臓は尿を作る臓器で血管が多く、切り口を丁寧に縫わなければそこから出血や尿が漏れてしまう可能性があるので、切り口を縫うのは非常に高度で繊細なテクニックが必要です。腎部分切除を腹腔鏡下で行うことが低侵襲であることは分かっているのですが、とても“敷居が高い”のです。

腹腔鏡下手術の難しさを補うロボット手術

 しかし、最近、この“敷居の高さ”を解決する、つまり腹腔鏡下腎部分切除術の難しさをサポートするツールが登場してきました。それがロボット手術です。ロボットの名前から「ダヴィンチ手術」とも言われます。腹腔鏡下手術のように、ロボットアームを体内に挿入し、手術者はロボット本体で体内の映像を見ながらロボットアームを操作するものです。

 なぜロボットによる手術が腹腔鏡下腎部分切除術の難しさを補うことができるのか。それには3つのポイントがあります。1つは、ロボットが多関節であること、もう1つは視野が3次元映像(3D)であること、最後の1つは、手術を行う術者の習熟速度が、これまでの腹腔鏡下手術よりも早いとされていること──です。

 まず1点目、多関節であることについて解説しますと、従来型の腹腔鏡下手術では、長い棒の先にハサミや“もの”をつかむ道具が付いている手術器具(鉗子)を操作してがんを切除します。この鉗子はまっすぐで曲がらず、ちょうど体表面を支点として動かすため、可動範囲が限られ、細かい操作が難しいことが多いのです。しかし、ロボットは、体内に挿入する鉗子が多関節でできているため、体内でさらに折れ曲がったりして細かい操作を行うには非常に適しているのです(図参照)。

従来の鉗子を用いた腹腔鏡下手術の概要

ロボットを用いた腹腔鏡下手術の概要

 こうした特徴から、がんを切除した後、縫う手技がとても行いやすいのです。一方、腎臓を全て摘出する根治的腎切除術では細かく縫う作業がありませんので、ロボットを使うメリットはあまりありません。


この記事を友達に伝える印刷用ページ