このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2012/3/7

がんナビ読者調査2012から(その1)

「転移・再発がある人向けの情報」を探しているが70%以上

三和 護=日経メディカル別冊編集部

 がんナビにおいて、読者が探している情報で最も多いのは、「転移・再発がある人向けの情報」(72.5%)だった。「臨床試験に興味のある人向けの情報」も51.1%となっている。今年1月に実施した「がんナビ読者調査2012」で明らかになったもので、以下に概要を報告する。

 調査は、2012年1月17日から2月7日まで、日経BP社のインターネット調査システムAIDAによって実施した。調査には131人が回答した(プロフィールは末尾に掲載)。

 調査では、がんナビの閲覧頻度、メニューごとの利用頻度と評価、探している情報、今後充実して欲しいテーマなどを明らかにした。

 「がんナビ」ではどのような情報を探しているか尋ねたところ、「転移・再発がある人向けの情報」が72.5%と突出していた(図1)。昨年の調査では57.0%であり、10ポイント以上上昇した。

 「臨床試験に興味のある人向けの情報」が51.1%、「がん治療が終了した人向けの情報」も41.2%となっている。「これからがんの治療を受ける人向けの情報」も35.9%あり、様々なステージの情報が求められていると言える。

図1 がんナビで探している情報(n=131、複数回答)

  • 1
  • 2
この記事を友達に伝える印刷用ページ