このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2012/1/10

日本人では40歳代の乳がん検診は有効です

米国とは異なる日本の年代別罹患率

増谷 彩=日経メディカル別冊

 日本では、厚生労働省による調査研究「新たながん検診手法の有効性評価」の報告書内で、40歳代の視触診とマンモグラフィの併用による乳がん検診には死亡率減少効果があるとしている。なお、利益・不利益としては表2のような内容が挙げられているが、日本の場合は、40代での検診は利益が不利益を上回ると結論され、マンモグラフィによる検診を導入した。

表2●乳がん検診の利益・不利益

 日本とUSPSTFでの結論の違いには、罹患率の違いが関係する。欧米は、40歳あたりから徐々に増え始め、高齢になればなるほど罹患率が上がっていく。一方日本は、40代と50〜60代の2回に罹患率のピークがある二峰性の分布となっている(図1)。

 そのため、「欧米では何歳から検診を始めるのが合理的か、という視点で議論されますが、日本の場合はピークを含む年代である40代を省くのは不合理です。日本人においては、40歳以上で受診した方がいいのか、もう5歳くらい前からがいいのか、というのが今焦点となっている部分です」(遠藤氏)。

図1●日本における年齢別乳がん罹患率 (地域がん登録全国推計によるがん罹患データ[2006年]、国立がん研究センターがん対策情報センター より作成)

この記事を友達に伝える印刷用ページ