このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2011/12/20

乳がん、再発の不安を乗り越えてVol.2

新薬登場で変わる再発乳がん治療

生存期間も年々延長

小山千穂=チャンゴ・ジャパン

愛知県がんセンター中央病院乳腺科部部長の岩田広治氏

 岩田氏は「治療のどこかのタイミングで、一度は使ってみたい選手(薬剤)」だと評価する。アントラサイクリン系やタキサン系といった薬剤を使ったあとで使っても、OSが延長する点を評価しているという。

 一方渡辺氏は「エリブリンは、現状では高校野球で活躍してプロ入りした期待の新人という感じ。期待は大きいが、真の力量と欠点については分からないところもある。今のところベンチ入り投手リストの一番下」という評価。監督次第で起用のタイミングも異なる。

 どのように治療を組み立てていくか。野球同様、実際に使用してみなくては分からない面も多々あるが、監督は勝つための最良の戦略を練っていく。患者にとっては「この監督の説明には納得がいく。この監督について行きたい」と納得できるかどうかが大切と言えるだろう。

“期待の新薬”の増加で“治癒”する可能性も
 使える薬剤が増えるにつれ、再発後のOSは年代を追うごとに長くなっている(グラフ)。そして今後も治療成績は向上していくだろう。

再発からの全生存期間は年々延長している
再発乳がん患者834人を再発時の年次で5グループに分け、全生存期間を比較。再発時の年次が最近のものほど全生存期間は長い。「初期治療後の定期検査を行っていない米国でのデータなので、これはリードタイムバイアスではない」(岩田氏)。
(データ:Cancer;100:44-52, 2004)

この記事を友達に伝える印刷用ページ