このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2011/6/28

地元での治療継続を望む被災地のがん患者にどう対応するか

――岩手・宮城・福島の被災地におけるがん医療の現状と課題

渡辺千鶴=医療ライター

 このように、岩手県沿岸部のがん診療連携拠点病院と中核病院では、比較的早い段階から震災前に近い状態で化学療法を実施できたようだ。また、県立病院間のネットワークが形成されていたため、各病院の状況に応じて医師の再配置が速やかに行われた。

 ただし、在宅医療や在宅緩和ケアを担っていた診療所の多くが被災し、活動力が低下したままの状態だ。在宅医療をいかに立て直すかが今後の課題として残されている。

原発事故で南相馬市原町区のがん医療は完全崩壊
 続いて石岡氏は5月中旬、福島県のいわき市や南相馬市、相馬市にある6カ所の病院を相次いで訪問。いずれの病院も、地震や津波による大きな被害は受けなかったが、福島第一原発事故ががん医療に多大な影響をもたらしていた。

 いわき市立総合磐城共立病院では震災直後、転送可能な入院患者は関東圏の医療機関に転院させ、重症患者の診療に対応していた。しかし、原発事故が深刻な状況に陥ったため、若手スタッフを一時的に避難させ、中堅以上のスタッフが泊まり込みで入院と外来の診療に当たってきたという。

 このような厳しい状況ではあったが、3月下旬から4月上旬にかけて化学療法、放射線治療、手術ができる体制を整えてきた。5月中旬現在、若手スタッフも復帰し、震災前とほぼ同レベルのがん医療を提供している。福島労災病院も同様の状況で、震災前とほぼ変わらない医療が提供されていた。

 一方、原発事故によってがん医療が完全に崩壊してしまったのが、原発から30km圏内にある南相馬市原町区の病院。国の命令で入院業務を停止している南相馬市立総合病院や渡辺病院では手術が実施できず、外来診療のみ。そのため、入院を必要とする患者が隣接する相馬市の公立相馬総合病院に集中する事態となり、公立相馬総合病院では震災前より入院患者数が増加している。

 また、南相馬市立総合病院では、外来化学療法を継続している患者も少なからずいたが、大半は福島県立医科大学病院や宮城県立がんセンターに転院せざるを得なかった。さらに、南相馬市では緩和医療を必要とする患者にはほとんど対応できていない状態だ。

 いずれにしても「原発事故の行方に影響されるため、今後の見通しが立たないという現場の声も多く聞かれた」(石岡氏)。

この記事を友達に伝える印刷用ページ