このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2011/5/12

「患者さんも癌治療学会に参加して、正確で最新の情報を入手してほしい」

第49回日本癌治療学会学術集会会長 西山正彦氏に聞く

佐原加奈子

会場の参加者がボタンを押して投票する企画も
 さらに今回は、「患者教育プログラムを皆で決めよう」と題した特別企画で、会場の参加者がボタンを押して投票するシステムを使い、患者教育としてどんなテーマが求められているのかを議論する機会も作る。

 また特別企画シンポジウム「届け がん医療 日本の隅々まで」では、地域におけるがん対策や、「がん医療コーディネーター」の養成について議論する。

 「がん医療コーディネーター」は、がんにかかった経験のある人が、正確な情報に基づき、患者さんに治療や療養生活のアドバイスをする新しい職種として、日本癌治療学会が認定制度の検討を進めているもの。「がんに関する相談は、がん診療連携拠点病院のがん相談室で受け付けているが、院外にも困っている患者さんはいる。がんサロンなどもあるが、必ずしも科学的根拠に基づくアドバイスがなされているわけではない。そこで、癌治療学会が教育の機会を提供し、そこで学んだ人をコーディネーターとして認定、新たな専門職として活躍してもらうことを考えた」(西山氏)。がん医療コーディネーターが各地で活躍すれば、地域のがん対策の向上にもつながるはず、と期待している。

参加費や旅費交通費を助成するプログラムも
 今回は、これまでに同学会のプログラムに参加した経験者によって運営委員会を組織。同学術集会の参加費や旅費交通費等を助成する「スカラーシップ・プログラム」の募集要項の作成などを担っている。

 今回のスカラーシップ・プログラムでは、参加者のニーズに合わせて(1)学術集会のポスターセッションで、団体や個人の活動報告などを発表する、(2)学術集会に参加する、(3)学術集会に参加し、3日間のうち半日もしくは1日、会場運営ボランティアとして活動する、の3種類を設定、合計100人を募集している(詳細はがんナビ インフォメーション「日本癌治療学会ががん患者・支援者向けスカラーシップ募集中」参照)。

 「学術集会に初めて参加する人は、おっかなびっくりだと思うが、1度参加すると『来年もぜひ』と思う人が多い。どんどん参加してもらって、学会で得た知識や最新の情報を、日本のがん医療、がん対策の質を向上させるための活動につなげてほしい」と西山氏は話している。

この記事を友達に伝える印刷用ページ