このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2008/12/2

国の補助金で緊急整備された乳がん検診装置

マンモグラフィが十分に活用されていない現状が明らかに

 国庫補助事業として整備された乳がん検診用のマンモグラフィ装置が、一部の医療機関では全く利用されていない、もしくは稼働率が非常に低い現状が明らかになった。加えて、要精検率が異常に高い医療機関も存在し、検診の精度管理にも問題がある可能性が示された。



 乳がん検診用のマンモグラフィ装置は、2005年度、2006年度に「マンモグラフィ緊急整備事業」として、導入費の半額を国が補助する形で、全国の医療機関に導入された。

 厚生労働省がん対策推進室が2008年10月に行った調査により、緊急整備されたはずのマンモグラフィ装置が全く利用されていない医療機関が存在することが明らかになった。この現状は、1月28日に開催された第8回がん対策推進協議会で資料と共に報告された。同調査は、第7回のがん対策推進協議会で委員から出た要望に答えたものだ。

 今回、がん対策推進室は、合計370施設を対象にマンモグラフィ装置の2007年度の稼働状況を調査した。

 その結果、大阪府の鄭クリニック、かわもと医院、西下胃腸病院の3施設において2007年度の受診者数がゼロであったことが明らかになった。この結果について、厚労省の担当者は、「大阪府に問い合わせたところ、これらの医療機関でマンモグラフィによる乳がん検診が受けられることの周知が不十分であったとの回答を得た。今後、周知を徹底してもらうことを要望した」ということだ。

 加えて、年間の受診者数が100人に満たない医療機関が16施設(4.3%)、500人に満たない医療機関が96施設(25.9%)存在していた。すなわち4分の1以上の医療機関で1日の検診受診者数が2人程度のみであることが明らかになった。その一方で、年間の受診者数が5000件を越える医療機関は40施設(10.8%)あり、医療機関による稼働率の差が大きいことが示された。

受診者の半数以上が要精密検査という医療機関も存在
 受診者のうち精密検査が必要とされた割合(要精検率)の比率は、0%〜52%と医療機関によって大きな差があることも明らかになった。

 厚生労働省の「がん検診事業の評価に関する委員会」は、今年3月に報告書「今後の我が国におけるがん検診事業評価の在り方について」をまとめ、乳がん検診の要精検率(許容値)は11.0%以下、要精検とされた者のうち、精密検査でがんが発見された割合である陽性反応適中度(許容値)は2.5%以上としている。要精検率が高く、陽性反応適中度が低い場合には、精密検査が必要でない者が要精検と判定されている可能性があるとも明記している。

 一方、欧州では、要精検率(許容値)は7%以下とされており、同報告書の11.0%は、マンモグラフィ検診を開始したばかりの日本の現状を鑑み、緩めに設定されているものだ。

 今回のがん対策推進室の調査では、要精検率のみで陽性反応適中度が示されていない。そのため、精密検査が必要と言われた受診者のうち、どれほどの受診者が不要な精密検査を勧められていたかは不明だ。とはいえ、受診者の半数以上が要精検と判断されているような医療機関では、検診の精度管理が十分に行われているとはいえないだろう。精度管理の徹底を求めたい。

 また、要精検率は、受診者数が少ない医療機関ほど高い傾向も見られた。緊急整備されたマンモグラフィ装置ではあるが、受診者が少なく、読影の訓練を受けた医師を配置できないような医療機関においては、検診の在り方自体を再考する必要があるのではないだろうか。

(小板橋 律子)


表●マンモグラフィ検診による要精検率が11.0%以上の医療機関
都道府県
設置機関名
受信者数
発見率
北海道 町立中標津病院
143
30%
札幌複十字総合検診センター
526
13%
青森県 五戸町検診センター
810
13%
あおもり協立病院
2317
13%
AMCクリニック
321
12%
宮城県 公立加美病院
277
15%
秋田県 能代市保健センター
823
17%
福島県 北福島医療センター
2982
15%
福島西部病院
1760
12%
栃木県 常見町クリニック
58
34%
群馬県 伊勢崎佐波医師会病院成人病検診センタ
1947
13%
黒澤病院
3111
14%
埼玉県 深谷市・大里郡医師会メヂカルセンター
2380
12%
千葉県 日本健康倶楽部 千葉支部
3207
12%
東京都 赤羽中央総合病院
434
22%
王子病院
522
16%
赤羽病院
553
24%
荒川区がん予防・健康づくりセンター
4564
12%
望月医院
153
18%
池上総合病院
983
33%
田園調布ファミリークリニック
777
12%
調布東山病院
1688
16%
聖ヨハネ会総合病院桜町病院
251
18%
神奈川県 神奈川県予防医学協会
11905
12%
横須賀共済病院健康管理センター
1195
12%
総合病院大船中央病院健康管理センター
2912
16%
横浜市立市民病院がん検診センター
2589
16%
山近記念総合病院
1306
14%
日本鋼管病院
756
14%
川崎幸クリニック
704
22%
新潟県 新潟県労働衛生医学協会(新潟ウェルネス)
7096
11%
上越医師会
1860
13%
富山県 私立砺波総合病院
1273
12%
黒部市民病院
1812
16%
石川県 石川県予防医学協会
855
14%
石川県成人病予防センター
4420
13%
公立つるぎ病院
352
21%
長野県 松本市医師会
1016
19%
波田総合病院
1194
23%
岐阜県 岐阜県労働基準協会連合会
1141
13%
岐阜社会保険病院
1340
11%
高山赤十字病院
1322
14%
久美愛厚生病院
1374
13%
岐阜県健康管理センター
2121
16%
359
14%
太田病院
228
42%
西美濃厚生病院
636
15%
揖斐厚生病院
764
12%
静岡県 東海検診センター
438
15%
共立湖西総合病院
615
16%
三島市医師会メディカルセンター
1149
12%
志太医師会 検診センター
173
18%
磐田市立総合病院
1113
39%
菊川市立総合病院
644
13%
静岡赤十字病院
2638
15%
愛知県 東海市民病院
1054
18%
だいどうクリニック
1538
14%
公衆保健協会
149
12%
ライフ健康クリニック
202
17%
三重県 山田赤十字病院
1884
16%
鈴鹿回生病院
997
15%
塩川病院
127
30%
滋賀県 滋賀保健研究センター
3782
13%
大阪府 星ヶ丘厚生年金病院
2417
24%
交野病院
364
41%
大阪府済生会泉南医療福祉センター新泉南病院
873
14%
新生病院
36
17%
うえだ下田部病院
219
17%
第一東和会病院
128
20%
恵生会病院
694
14%
淀川健康管理センター
1052
13%
南大阪病院
572
13%
梅田山本ブレストクリニック
766
14%
兵庫県 神鋼病院
1734
14%
公立八鹿病院
474
12%
姫路市医師会診療所
3976
12%
順天診療所
27
52%
奈良県 平尾病院
560
15%
和歌山県 日本赤十字和歌山医療センター
1849
16%
鳥取県 鳥取県済生会境港総合病院
369
15%
山陰労災病院
377
12%
博愛病院
1822
14%
赤碕診療所
106
13%
島根県 出雲市立総合医療センター
457
12%
広島県 中電病院
2046
15%
河村病院
919
12%
須波宗斉会病院
67
13%
山口県 山口県予防保健協会
3893
13%
岩国みなみ病院
132
18%
山口病院
363
16%
兼清外科
199
11%
阿知須同人病院
109
17%
長府病院
51
33%
香川県 三宅医学研究所附属セントラルパーククリニック
1160
15%
伊達病院
496
11%
岩佐病院
362
18%
福岡県 宗像医師会
3482
11%
小倉医師会検診センター
2426
14%
親愛天神クリニック
327
14%
長崎県 佐世保中央病院
2017
12%
福田外科病院
804
12%
西諫早病院
208
13%
愛野記念病院
360
21%
熊本県 八代市医師会検診センター
167
13%
天草郡市医師会立天草地域検診センター
836
21%
大分県 日田市医師会立日田検診センター
3102
16%
宮崎県 宮崎県健康づくり協会
221
11%
鹿児島県 鹿児島県民総合保健センター
3790
17%
鹿児島生協病院
622
14%
沖縄県 浦添総合病院 検診センター
3874
18%
中部地区医師会立成人病検診センター
1678
12%


※「がんナビ通信」(週刊:購読無料)を配信中。購読申込はこちらです。

この記事を友達に伝える印刷用ページ