このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2007/10/9

患者団体アメリカ訪問記2007(第4回)--- 米国から学ぶ「患者中心の医療」

“世界一のがんセンター”が、ヨガや鍼(はり)を患者に提供!?

 日本のがん患者団体6人がこのほど米国を視察した。狙いは、米国の先進事例から学ぶこと。そのツアーに密着取材した。今回のリポートは、世界一のがんセンターと称されることが多いM.D.アンダーソンがんセンターから。チーム医療で有名ながんセンターだが、ヨガ、鍼(はり)、太極拳、マッサージなども取り入れる。補完代替医療を科学的に吟味しながら、患者のケアを充実させ患者の満足度を上げるために、こうした領域にも積極的に取り組んでいる。



 米国テキサス州ヒューストンにあるM.D.アンダーソンがんセンター(以下、MDACC)は、米国を代表するがんセンターだ。有力週刊誌が実施する恒例の病院ランキングのがん部門でも常にトップを争い、2007年も第1位に輝いた。世界中からがん病院のモデルのひとつと目されている病院だ。特に、ひとりの患者を多職種がいっしょに診療するチーム医療を早くから導入したことで有名だ。

ヨガや鍼をメニューに持つウェルネス・センターのアンドレア・ウォーレン氏
写真1:ヨガや鍼をメニューに持つウェルネス・センターのアンドレア・ウォーレン氏

 そんなMDACCで、ヨガ、鍼(はり)、太極拳、マッサージなどが、患者に提供されているのを目の当たりにするのは、軽い驚きだった。MDACCにはプレース・オブ・ウェルネス(Place …of Wellness:健康ひろば、以下ウェルネス・センター)と呼ばれる部門がある。ここでコーディネーターをするアンドレア・ウォーレン氏(写真1)が施設の中を案内してくれた。

 数十人ぐらいが入れそうな部屋がひとつと、診察室風の個室が数カ所ある。ウォーレン氏によると、大きい方の部屋では、患者や家族を対象とした勉強会や、患者同士のおしゃべりをする疾病別のサポートグループの例会などが開かれる。また、ヨガ、太極拳、チベット流瞑想(めいそう)などのクラスもここで行われる。診察室風の小部屋は、鍼やマッサージのために使われる。こうしたサービスは、患者、家族、介護者などに無料で提供されている(マッサージなど一部は除く)。ウォーレン氏は「リラクゼーションのための環境音楽や環境ビデオも用意してあり、誰にでも提供できるようになっている」と語る。

この部屋で鍼などが提供される
写真2:この部屋で鍼などが提供される

 鍼に関しては専属の鍼師が職員として2人いる。がん患者が鍼を受ける場合には、患者が希望して主治医が了解すれば、担当医から鍼師に予約が入る。がんの種類や病状によっては鍼を施術するうえで注意しなければならない場合もあるが、その点、主治医のお墨付きがあるのは安心だ。また、ここの鍼師はたくさんのがん患者に施術して、がん患者を熟知しているから、それも安心感を与える。鍼の料金は、がん治療の副作用の一部を抑える有効性が認められているので、医療保険が支払ってくれることが多い。

 マッサージについては2人のマッサージ師が職員として在籍する。患者のがんの部位や種類などを知ったうえで、問題がないようにマッサージをする。こちらは30分30ドルの料金がかかる。

効果の検証と患者教育も並行して
 ウォーレン氏は「忘れないでほしいのは、このがんセンターでは、補完代替医療の有効性を検証する研究が並行して行われていること」と語る。MDACCがこうしたことに取り組むのは、単にサービスメニューを増やしたり、新奇性のあることで評判を呼ぼうと考えているのではない。サービスの裏には、実証的な研究が存在する。また、患者に正確な情報を提供しようという努力もある。

ウェルネス・センターのヨガなどが行われる部屋でウォーレン氏と記念撮影
写真3:ウェルネス・センターのヨガなどが行われる部屋でウォーレン氏と記念撮影

 MDACCでは抗がん剤の効果などを検証する多数の臨床試験が行われているが、補完代替医療に関しても盛んに研究が行われており、例えば、ヨガ、リラックス法などによる副作用低減や患者の生活の質(QOL)向上の効果が調べられている。MDACCのウエブサイトにはこうした臨床試験が23本掲載されている。また、すでに終了したものも13本ある。

 2006年6月には、MDACCのロレンゾ・コーエン氏が、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次総会で、ヨガが乳がん患者のQOLを向上させるという研究結果を発表した。対象としたのは病期0期から3期の乳がん患者で放射線療法を受ける61人。「ヨガ参加」と「ヨガ参加待ち」の2群に分けて比較対照した。ヨガに参加した人は放射線治療を受ける6週間の間に、週2回、呼吸法、ポーズ、リラックス法、瞑想などを含むヨガのレッスンを受けた。その結果、ヨガを実施した患者の方が、QOLが高まった。調査項目別では、不眠や疲労に改善が見られた。一方、うつ傾向や不安については効果が明らかでなかった。

 こうした研究はMDACCが単独で牽引しているというわけではない。米国がん研究所(NCI)が補完代替医療に関して科学的なエビデンスを検証することを重要な一分野と位置づけて、研究費を配分している。NCIはMDACCにヨガの研究費として240万ドル(約2億8000万円)を補助した。

 もちろん、いたずらに補完代替医療への期待をあおることはない。MDACCは、同時に正確な情報を提供することにも努めている。ウエブサイトには、健康食品などによる健康被害情報なども掲載し、補完代替医療に関する解説も行う。補完代替医療に対する患者サイドからの期待は高い。それに応えるべく、できるだけ客観的な情報提供と的確な手法による研究を並行して行うという考え方だ。

 MDACCには、ウェルネス・センターだけで、10数人の職員がいる。また、実際のクラスを運営するコーディネーターの多くはボランティア。さらに、講師などの費用全体が寄付によって成り立っているメニューも多い。官民の力を合わせて、がん病院内での補完代替医療の合理的な提供の仕方を模索している姿を、垣間見ることができた。

(埴岡 健一)

〔参考サイト〕
M.D.アンダーソン
がん病院ランキング(U.S.News & World Report)
M.D.アンダーソン プレース・オブ・ウェルネス
M.D.アンダーソン 補完代替医療教育資料ウエブサイト
米国がん研究所 補完代替医療室
米国保健省 米国補完代替医療センター
国立がんセンター がん情報サービス がんの代替療法(健康食品やサプリメントなど)

(ツアーに参加した患者団体)
女性特有のガンのサポートグループ オレンジティ
癌と共に生きる会
声を聴き合う患者達&ネットワーク「VOL-Net」



※「がんナビ通信」(週刊:購読無料)を配信中。購読申込はこちらです。

この記事を友達に伝える印刷用ページ