このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2006/9/20

これからのガン患者・家族への情報提供は?

 今後のがん患者や家族への情報提供はどうなっていくのだろうか。今年10月に国立がんセンターに開設される「がん対策情報センター(仮称、以下情報センター)」がその方向を決めることになる。



 設置までの経緯は次の通りだ。2005年4月、厚生労働大臣が開催した検討会(がん医療水準均てん化の推進に関する検討会。「均てん化」とは、全国あまねく質の高い医療が提供されること)が、検討会の報告書で、「がん患者に有益な情報提供のためにがん情報センターの設置の検討が必要」とした。

 同年8月には、2006年度厚生労働省予算の概算要求において情報センターが項目にあげられた。同月、厚生労働省が発表した「がん対策推進アクションプラン2005」では、情報センターを設置し、国民・患者のガン医療に対する不安や不満の解消を推進することが目玉になった。そして、2005年末には情報センター予算が確定し、約15億円が付いた。

 情報センターは大きな可能性を秘めている。これがうまく機能すれば、“ガン難民”は大幅に減少し、ガン診療の質が上がり、患者の不満や不安が解消するだろう。うまく機能しなければ、“ガン難民”は増え続け、ガン診療の質の格差は拡大し、患者の不満や不安が高まるに違いない。どちらに転ぶかは、国立がんセンターが作るコンテンツの範囲、量、質と、その提供の仕方の巧拙次第だ。

●さらに詳しい情報は、NB ONLINEでご覧いただけます。


※「がんナビ通信」(週刊:購読無料)を配信中。 購読申込はこちらです。

この記事を友達に伝える印刷用ページ