このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2018/7/3

アテゾリズマブとnab-パクリタキセルの併用が進行トリプルネガティブ乳癌のPFSを有意に延長

横山勇生=編集委員

 スイスHoffmann-La Roche社は7月2日、進行トリプルネガティブ乳癌TNBC)の1次治療として、抗PD-L1抗体アテゾリズマブとnab-パクリタキセルの併用療法を行うことが、nab-パクリタキセルとプラセボを投与するよりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長できることが判明したと発表した。全患者(ITT)とPD-L1陽性患者のどちらでもPFS延長が認められた。フェーズ3試験IMpassion130の結果、示されたもの。主要評価項目の1つが達成されたことになる。

 進行トリプルネガティブ乳癌を対象にしたフェーズ3試験で、免疫チェックポイント阻害薬の有効性が証明されたのは初めて。なお、全生存期間(OS)についても、今回の中間解析において有望な結果が得られているという。IMpassion130試験には日本も参加している。

 IMpassion130試験は、多施設無作為化二重盲検フェーズ3試験。局所進行または転移を有するTNBCで、転移癌に対する全身療法を受けていない患者902人を、アテゾリズマブとnab-パクリタキセルの併用投与を行う群(28日間を1サイクルとして、アテゾリズマブは1日目、15日目に840mg/m2を投与、nab-パクリタキセルは1日目、8日目、15日目に100mg/m2を投与)と、プラセボとnab-パクリタキセルを投与する群に1対1に無作為に割り付けて行われた。主要評価項目は研究グループの評価によるPFSとOS。PFSとOSはITTとPD-L1陽性患者の両方で評価された。副次評価項目は、奏効率、奏効期間、QOLの悪化までの時間などだった。

この記事を友達に伝える印刷用ページ