このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2018/7/2

早期のHER2陽性乳癌における術後トラスツズマブ療法後の追加療法としてneratinibが欧州で肯定的意見を獲得

横山勇生=編集委員

 米Puma Biotechnology社は6月29日、欧州医薬品庁の医薬品委員会(CHMP: Committee for Medicinal Products for Human Use)が、成人の早期のHER2過剰発現/増幅乳癌でトラズツズマブによる術後補助療法終了から1年以下の患者を対象に、不可逆的pan-HERチロシンキナーゼ阻害薬neratinibについて、延長術後補助療法として投与することの承認に、肯定的な意見をまとめたと発表した。

 HER2陽性早期乳癌の術後補助療法でトラズツズマブを投与した後にneratinibを投与することによって、浸潤性疾患のない生存率(iDFS)を向上させることが、フェーズ3試験ExteNETの結果、示されている。neratinibは、米国においては早期のHER2陽性乳癌におけるトラスツズマブと化学療法による術後療法を行った後の追加投与として、2017年7月に承認されている。

この記事を友達に伝える印刷用ページ