このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2018/6/13

c-METチロシンキナーゼ阻害薬tepotinibがMET陽性進行HCCに有効な可能性

横山勇生=編集委員

 ドイツMerck社は6月11日、Child-Pugh AのMET陽性進行肝細胞癌(HCC)にc-METチロシンキナーゼ阻害薬であるtepotinib単剤を投与する2つのフェーズ2試験で、主要評価項目が達成されたと発表した。

 主要評価項目が達成されたのは、tepotinibの1次治療としての効果を評価した試験(NCT01988493)と2次治療としての効果を評価した試験(NCT02115373)。

 両試験とも、Child-Pugh AのMET陽性進行肝細胞癌を対象に行われた。NCT01988493試験は、アジア人を対象に1次治療として、tepotinibとソラフェニブを比較した多施設無作為化フェーズ1b/2試験。フェーズ2部分で、tepotinib群に45人、ソラフェニブ群に45人がそれぞれ無作為に割り付けられた。フェーズ2部分の主要評価項目は、独立審査委委員会によるRECIST v1.1を用いた増悪までの時間(TTP)だった。

 NCT02115373試験は、ソラフェニブ投与後の患者に2次治療として、tepotinibを投与した多施設単群フェーズ1b/2試験。フェーズ2部分で49人にtepotinibが投与された。フェーズ2部分の主要評価項目は、研究グループによるRECIST v1.1を用いた12週時点での無増悪生存(PFS)率だった。

 試験結果の詳細は、今年後半に開催される学会で報告される予定。

 tepotinibは、METエクソン14スキッピング変異を有する進行非小細胞肺癌(NSCLC)への効果が今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)で発表され、注目を集めている薬剤。METエクソン14スキッピング変異を有する進行NSCLCを対象に、今年3月に厚生労働省から先駆け審査制度の対象品目として指定されている。

この記事を友達に伝える印刷用ページ