このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2017/3/3

ペルツズマブとハーセプチンの併用がHER2陽性早期浸潤性乳癌の術後補助療法として有効

横山勇生

 HER2陽性早期浸潤性乳癌患者に対する術後補助療法として、ペルツズマブとハーセプチンを併用することが有効であることが明らかとなった。国際無作為化二重盲検フェーズ3試験APHINITYの結果、化学療法とトラスツズマブ、プラセボを投与した群に比べて、化学療法とトラスツズマブ、ペルツズマブを投与した群の方が、iDFS(浸潤性乳癌がなく生存している期間)を有意に延長できることが示されたもの。3月2日にスイスHoffmann-La Roche社などが発表した。

 ただし、有効性については具体的な数字は公表されておらず、詳細は2017年の学会で発表するとされている。安全性プロファイルについては、従来ペルツズマブベースのレジメンの試験で認められていたものと同様で、新規なものはなかったとしている。

 APHINITY試験には日本人患者も参加しており、この結果を基に日本でも申請が行われる見通しだ。

この記事を友達に伝える印刷用ページ