このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2017/2/17

転移のある去勢抵抗性前立腺癌で化学療法と抗アンドロゲン薬の1次治療のOSは有意差なし、リアルワールドの結果【ASCO GU2017 】

八倉巻尚子=医学ライター

 転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)の1次治療として、化学療法(CT)と抗アンドロゲン薬(AT)を比較した結果、全生存期間(OS)に有意な違いはないことが、レトロスペクティブ解析で明らかになった。また前治療のアンドロゲン遮断療法(ADT)の治療期間が短い患者では1次治療としてCTのほうが有用である可能性も示唆された。2月16日から18日まで米国オーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2017)で、米University of AlabamaのGuru Sonpavde氏らが発表した。

 解析では、退役軍人保健局(VHA)のデータを用いて、mCRPC患者の1次治療としてCTとATを比較し、前治療のADT治療期間と予後因子の影響を調べた。

 対象は、2012年10月から2014年9月までに1次治療として、AT (アビラテロン、エンザルタミド)もしくはCT(タキサン系抗癌剤)による治療を受けたmCRPC患者。

 OSと治療中止までの期間(TTD)はCox比例ハザードモデルを用いて解析し、年齢、ADT治療期間、予後因子(ヘモグロビン、アルブミン、アルカリホスファターゼ:ALP、PSA)、Charlson併存疾患指数(CCI)、慢性疾患スコア(CDS)、麻薬性鎮痛薬で統計学的に調整した。

 評価可能だった患者は1445人で、ATが1108人(アビラテロン996人、エンザルタミド112人)、CT(ドセタキセル)が337人だった。ADT治療期間の中央値は464日で、ATコホートでは485日、CTコホートは421日だった。

 患者背景は2つのコホート間で違いがあり、平均年齢がATコホートで79.45歳、CTコホート68.92歳だった(p<0.0001)。またCDS、ALP値はCTコホートで有意に大きく、放射線治療、麻薬性鎮痛薬の使用はATコホートで有意に大きかった 。

 多変量解析で、ADT治療期間、CCI、CDS、ヘモグロビン、アルブミン、ALP、PSAがOSと有意な関連性が示された。しかしCTに対するATのOSハザード比は1.041、95%信頼区間:0.853-1.270、p=0.6943で有意ではなかった。

 またATコホートにおいて、ADT治療期間が中央値の464 日より長いことが有意にOSの延長と関連していた(ハザード比0.566、95%信頼区間:0.464-0.690、 p<0.0001)。しかしCTコホートでは関連性は認められなかった。

 TTDについては、ADT治療期間、PSA、ALPと有意に関連した。TTDはATコホートに比べてCTコホートで短かった(ハザード比2.339、95%信頼区間:1.969-2.779、p<0.0001)。またATコホートにおいて、ADT治療期間が長いことが有意にTTDの延長と関連していたが(ハザード比0.831、95%信頼区間:0.699-0.988、p=0.0363)、CTコホートでは関連性は示されなかった。

 1次治療の終了から2次治療の開始までの無治療期間(TFI)の平均は、ATコホートが38.79日、CTコホートは52.85日で、化学療法のほうが長かった(p=0.0303)。また2次治療を受けた患者がそれぞれ46.8%、65.3%、1次治療の開始から2次治療までの期間の平均は283.30日、191.10日だった(いずれもp<0.0001)。

 これらの結果から、主な予後因子で調整しても、CTとATの1次治療でOSに有意な違いはなかったが、CTの1次治療でTTDが短く、TFIは長かったとまとめた。またATコホートで、ADT治療期間が464日以下ではOSとTTDは短かったことから、ADT治療期間が短い患者では1次治療としてATよりもCTでベネフィットが得られる可能性があるとした。

この記事を友達に伝える印刷用ページ