このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2017/1/31

武田がcabozantinibの国内の権利獲得、腎癌、肝癌などへの開発に期待

横山勇生

 武田薬品工業と米Exelixis社は、1月31日、Exelixis社の抗癌剤cabozantinibの日本における独占的開発・販売権に関する権利を武田薬品が獲得したと発表した。武田薬品は、日本における進行性腎細胞癌を始めとした癌への適応拡大を行うことができる。

 武田薬品とExelixis社は、日本におけるcabozantinibの臨床開発や臨床データに基づく承認申請を連携して行う。

 cabozantinibについては、Exelixis社が実施したMETEOR試験で、進行性腎細胞癌に対する2次治療薬として、エベロリムスよりも統計学的に優位な全生存期間、無増悪生存期間の延長、奏効率の改善を示すことが明らかとなっている。また、cabozantinibは、欧米でソラフェニブ投薬後の進行肝細胞癌を対象としたCELESTIAL試験が進められており、2017年に結果が出ると見込まれている。

 日本においては、Exelixis社が以前に進行性固形癌を対象としたフェ−ズ1試験を実施しており、結果が報告されている。

 武田薬品によると、日本で腎癌などについて申請するためにはさらに臨床開発が必要になるという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ