このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2016/7/22

全部位5年相対生存率は62.1%、国がんが日本の癌生存率の最新全国推計を公表

横山勇生

 国立がん研究センターは7月22日、全部位5年相対生存率(2006-2008年診断症例)は62.1%となったと発表した。

 これは国立がん研究センターがん対策情報センターを中心とする厚生労働科学研究費補助金「都道府県がん登録データの全国集計と既存がん統計の資料の活用によるがん及びがん診療動向把握の研究」研究班が、「地域がん登録」データを活用し癌の5年相対生存率を算出したもの。

 地域がん登録事業実施全県に呼びかけて行われたのは、2000-2002年診断症例(2011年2月公開)、2003-2005 年診断症例(2013年3月公開)に続き3度目。今回の集計には27県が参加し、そのうち国内精度基準を満たした21県の64万4407症例について、全部位と部位別、臨床進行度別、年齢階級別5年相対生存率の集計が行われた。地域がん登録データより算出される生存率は、集計対象を特定施設に限定しない日本の実態を示す数字だという。

 全部位の5年相対生存率は、男性が59.1%(前回比3.7%増)、女性66.0%(同3.1%増)、男女計62.1%(同3.5%)。前回集計の男女計58.6%からわずかに向上したが、2006-2008年の罹患状況を踏まえると、前立腺癌や乳癌など予後の良好な癌が増えたこと(部位構成の変化、罹患年齢構成の変化)などの影響も考えられることから、部位別・進行度別の詳細な分析なしに治療法の改善などが影響しているとはいえないとしている。

 男性では、5年相対生存率が比較的高い群(70-100%)には、前立腺、皮膚、甲状腺、膀胱、喉頭、結腸、腎・尿路(膀胱除く)、低い群(0-39%)には、白血病、多発性骨髄腫、食道、肝および肝内胆管、脳・中枢神経系、肺、胆のう・胆管、膵臓が含まれた。

 女性では、5年相対生存率が比較的高い群は、甲状腺、皮膚、乳房、子宮体部、喉頭、子宮頸部、直腸、低い群は、脳・中枢神経系、多発性骨髄腫、肝および肝内胆管、胆のう・胆管、膵臓だった。

 また、どの部位でも、臨床進行度が高くなると生存率が低下し、また、多くの部位では早期で診断された場合には生存率が良好であった。全体として加齢とともに生存率が低くなる傾向が見られたが、若年者より高齢者の生存率が高い部位や、年齢と生存率との相関がはっきりと見られない部位もあった。

この記事を友達に伝える印刷用ページ