このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2015/6/22

メディネットが九州大学から成人T細胞白血病の治験薬ATL-DC-101の製造支援業務の委託を受ける

横山勇生

 メディネットは6月19日、九州大学から成人T細胞白血病を対象にした治験薬ATL-DC-101の製造支援業務の委託を受けたと発表した。

 メディネットは、2011年7月から九州大学先端医療イノベーションセンターに設置された細胞培養加工施設(CAMI-CPC)の運営管理業務、イノベーションセンターで実施される免疫細胞治療に必要な細胞培養技術者、細胞培養加工に関わる製造技術・ノウハウ、信頼性保証技術などを提供していた。

 九州大学は九州がんセンターからの委託を受け、医師主導治験「病因ウイルス特異抗原を標的とした成人T細胞白血病既治療例への新規複合的ワクチン療法:抗CCR4抗体を併用した自家樹状細胞療法(第Ia/IIb相試験)」(研究代表者:九州がんセンター末廣陽子細胞治療科・血液内科医長)について、厚生労働科学研究費補助金の分担研究として、ATL-DC-101の製造をCAMI-CPCで行う予定となっている。

この記事を友達に伝える印刷用ページ