このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2015/4/28

国立がん研究センターが2015年の癌罹患数、死亡数の予測値を算出

横山勇生

 国立がん研究センターは4月28日、2015年の癌罹患数、死亡数の予測値を算出したと発表した、予測癌罹患数(新たに癌と診断される癌の数)は98万2100例(男性56万300例、女性42万1800例)で、2014年予測値より約10万例増加、実測値に近い2011年度推計から約13万例増加となった。また、癌による死亡数は37万900人(男性21万9200人、女性15万1700人)と、2014年予測値より約4000人の増加、実測値である2013年人口動態統計から約5000人増となった。

 癌罹患数は、全国がん罹患モニタリング集計のがん罹患数1975〜2011年全国推計値と将来推計人口(国立社会保障・人口問題研究所中位推計)に基づいて算出された。罹患数が多いのは全体では大腸癌(13万5800例)、肺癌(13万3500例)、胃癌(13万3000例)、前立腺癌(9万8400例)、乳癌(女性、8万9400例)。大腸癌、前立腺癌の罹患数が増加し順位が上がり、男性では前立腺癌が最多となった。がん登録の精度向上と前立腺癌のPSA検診の普及が要因と考えられるという。肺癌も順位を上げた。全体として、2014年予測値と比べて罹患数が増加した要因は、高齢化とがん登録精度の向上が考えられるとしている。

 死亡数は、人口動態統計がん死亡数(1975から2013年実測値)と将来推計人口(国立社会保障・人口問題研究所中位推計)に基づいて算出された。肺癌(7万7200人)、大腸癌(5万600人)、胃癌(4万9400人)、膵臓癌(3万2800人)、肝臓癌(2万8900人)の順に死亡数が多かった。大腸癌が胃癌を抜いて2番目となった。

 長期的傾向については、罹患数、死亡数とも胃癌と肝臓癌の順位が下がり、肺癌と大腸癌の順位が上がっている。また、罹患数は前立腺癌と女性乳癌の増加が顕著だという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ