このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2015/1/29

国がんが国際共同プロジェクト「国際がんゲノムコンソーシアム」の胃癌、胆道癌プロジェクトを立ち上げ

横山勇生

 国立がん研究センターは、1月29日、国際共同ゲノムプロジェクト「国際がんゲノムコンソーシアム」(International Cancer Genome Consortium:ICGC 、www.icgc.org )において、胃癌と胆道癌のプロジェクト(プロジェクト責任者:研究所がんゲノミクス研究分野長柴田龍弘氏)を新たに立ち上げると発表した。2つのプロジェクトは、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター、東京大学先端科学技術研究センターと連携して行われる。

 国際がんゲノムコンソーシアムは、臨床的に重要な癌を選び、国際協力で少なくとも各500例の包括的かつ高解像度のゲノム解析を行って癌のゲノム異常の包括的カタログを作成し、網羅的癌ゲノム情報を研究者間で共有および無償で公開することにより癌の研究と治療を推進することを目的に2008年に発足した。現在、アジア、オーストラリア、欧州、南北アメリカの17カ国が参画し73の癌種についてプロジェクトが進められている。

 胃癌のプロジェクトでは、組織型・疫学的背景を踏まえた大規模なゲノム解析を行い、分子治療・診断開発を目指した日本人特有のゲノム異常の同定や、ヘリコバクターピロリ菌感染以外の発癌要因の解明を目指す。

 胆道癌については、国立がん研究センター研究所(研究所長:中釜斉氏)においてもこれまで積極的に研究を進めており、新規FGFR2融合遺伝子を標的とする臨床試験が計画されるなどの成果をあげている。今回のプロジェクトでは更に徹底的な解析を行い、新たな治療標的の同定とその臨床開発を進める。また、同じく胆道癌のプロジェクトを開始したシンガポールとも協力することで、国際共同研究による多様な人種・疫学背景との関連を含めた発がん要因の解明といった解析も期待されるという。

 日本ではすでに国立がん研究センター、理化学研究所、東京大学が共同で、肝細胞癌を対象としたプロジェクトを行っている。これまでに、重要なゲノム異常の同定や、日本人特有の発癌要因の存在の推定に成功するなどしているという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ