このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2015/1/29

抗PD-L1抗体RG7446の膀胱癌対象フェーズ3とベバシズマブの子宮頸癌対象フェーズ2を中外が開始

横山勇生

 中外製薬は1月28日、改変型抗PD-L1抗体製剤RG7446(MPDL3280A)の膀胱癌を対象とした国際共同フェーズ3試験を1月に開始したことを明らかにした。また、ベバシズマブの子宮頸癌を対象にしたフェーズ2試験も1月に開始した。

 同日に都内で開催された2014年12月期決算説明会で明らかにしたもの。

 膀胱癌を対象とした国際共同フェーズ3試験は、RG7446と化学療法(ドセタキセル、パクリタキセルのいずれか)を比較するもの。中外製薬もまもなく症例エントリーする予定だ。

 ベバシズマブの子宮頸癌を対象にしたフェーズ2試験は、シスプラチン+パクリタキセルと併用するもので、国内で日本人における忍容性を確認するための小規模なもの。海外でのフェーズ3試験データと共に2015年内に申請する予定だ。

この記事を友達に伝える印刷用ページ