このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/12/19

骨髄異形成症候群に伴う貧血に対するダルベポエチン アルファの使用が承認、先進国で初

横山勇生

 協和発酵キリンは12月18日、持続型赤血球造血刺激因子製剤ダルベポエチン アルファに、骨髄異形成症候群注に伴う貧血の適応追加が承認されたと発表した。

 先進国の中で骨髄異形成症候群に伴う貧血に対するダルベポエチン アルファの使用が承認されたのは、これが初めてになる。

 ダルベポエチン アルファは、骨髄異形成症候群患者において、赤血球輸血の回避、赤血球輸血量の減少等を可能にするため、赤血球輸血の安全上のリスクを低減又は回避するといった医療上のメリットが期待されるという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ