このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/10/14

NK1受容体拮抗薬netupitantと5-HT3受容体拮抗薬palonosetronの配合経口制吐剤が米国で承認

横山勇生

 エーザイは10月14日、スイスHelsinn Healthcare社が、NK1受容体拮抗薬netupitantと5-HT3受容体拮抗薬palonosetronの配合経口制吐剤netupitant/palonosetronについて、催吐性を有する癌化学療法(高度な催吐性を有する化学療法に限定されない)による急性および遅発性の悪心・嘔吐(CINV:Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting)の予防の適応で、米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。

 CINVに関与する2つの神経伝達経路をターゲットにした世界初の経口配合剤になるという。

 netupitant/palonosetronの米国での販売については、2010年6月にエーザイとHelsinn社が締結したライセンス契約によりエーザイの米国子会社とHelsinn社の米国子会社の2社が共同販促を行い、売上げはエーザイの米国子会社に計上されることになっている。

 今回の承認は、高度・中等度催吐性癌化学療法を受けている多様な癌腫の患者に対して行われたフェーズ2およびフェーズ3試験の結果に基づいたもの。

この記事を友達に伝える印刷用ページ