このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/9/26

持続型G-CSFペグフィルグラスチムが癌化学療法による発熱性好中球減少症対象に承認

横山勇生

 協和発酵キリンは9月26日、持続型G-CSFであるペグフィルグラスチムについて、癌化学療法による発熱性好中球減少症を対象に国内医薬品製造販売承認を取得したと発表した。

 ペグフィルグラスチムは、癌化学療法による好中球減少症に対し、癌化学療法1サイクルに1回の投与で、フィルグラスチム連日投与に劣らない効果を発揮することから、医療上の簡便性に優れ、特に、患者の投与負担軽減や外来化学療法後の通院負担軽減に寄与できることが期待されているという。また、好中球減少症の発症前に投与することで、好中球減少症による感染症発症リスクを低減し、がん化学療法の投与量やスケジュール遵守が可能となるといった、メリットも期待されているという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ