このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/9/2

去勢抵抗性前立腺癌を対象にアビラテロンが発売

横山勇生

 ヤンセンファーマは9月2日、去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)を対象にアビラテロン(商品名「ザイティガ錠」)を発売したと発表した。

 アビラテロンは、アンドロゲン生合成に必要な酵素であるCYP17を選択的に阻害することで効果を発揮する。精巣だけでなく、副腎や前立腺癌組織内におけるアンドロゲンの生合成を抑制する。海外で実施されたフェーズ3試験で、アビラテロンを投与することで、化学療法歴のない転移性CRPC患者では全生存期間中央値が35.3カ月、化学療法既治療の転移性CRPC患者では15.8カ月という結果が得られている。

 アビラテロンは、プレドニゾロンとの併用で、通常、アビラテロン酢酸エステルとして1日1回1000mgを空腹時に経口投与する。薬価は250mg1錠で3690.90円であり、1日の費用は1万4763.60円で、1カ月を30日とすると44万2908円となる。

この記事を友達に伝える印刷用ページ