このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/5/13

メディネットがディナベックと樹状細胞増幅特許の実施許諾契約を締結、患者負担軽減と治療効果向上狙う

横山勇生

 メディネットは、5月12日、ディナベックと樹状細胞を増幅する特許技術の実施許諾契約を締結したと発表した。契約に基づいてメディネットは、第1段階として、ディナベックの技術と同社の樹状細胞ワクチン治療技術を組み合わせて、臨床応用に向けた評価を実施するという。そして、樹状細胞ワクチン治療技術あるいは樹状細胞を用いた細胞医療製品としての事業可能性が見込まれた場合は、さらなる実用化に向けて研究開発を加速する予定だ。

 免疫細胞治療のひとつである樹状細胞ワクチン療法は、治療効果と投与細胞数や投与回数が相関することが報告されている。しかし、癌患者から十分な細胞数を得る方法として、アフェレーシスによる大量の血液を採取する方法では患者にとって負担となる場合があり、負担を軽減しつつ、治療効果の向上も期待できる新たな培養技術の開発が求められているという。

 ディナベックが保有する樹状細胞を増幅する特許技術は、安定した品質の樹状細胞の量産を可能とする技術で、メディネットの樹状細胞ワクチン療法に関する培養技術と組み合わせることで、従来に比べ、大量かつ安定的に細胞を培養できる可能性があるとしている。

この記事を友達に伝える印刷用ページ