このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/5/12

癌幹細胞阻害型抗癌剤BBI608の胃癌を対象としたフェーズ3試験が米国で開始

横山勇生

 大日本住友製薬は、癌幹細胞の自己複製を阻害する抗癌剤BBI608の、胃癌を対象にパクリタキセルと併用投与するフェーズ3試験を米国で開始した。5月9日に同社が開催した決算説明会で明らかになったもの。

 BBI608は、大日本住友製薬の米国子会社であるBoston Biomedical社が創製した化合物。非臨床試験で、Stat3経路、Nanog経路およびβ-カテニン経路を抑制することが示されている。癌幹細胞の自己複製を阻害し、癌細胞に加え、癌幹細胞に対して細胞死を誘導すると考えられている。

 国内では、BBI608のパクリタキセルを併用して胃癌に投与するフェーズ1試験が2013年第3四半期に開始されている。

この記事を友達に伝える印刷用ページ