このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/5/1

前治療薬の有害事象がアキシチニブ投与時に発現する有害事象にも影響【泌尿器科学会2014】

中西美荷=医学ライター

 アキシチニブ投与時に発現する有害事象は、前治療薬の違いによって異なり、前治療薬による有害事象が消失せず影響を与えている可能性が示唆された。その内容を検討することが、次の治療薬選択の判断材料になる可能性もあるという。進行性腎細胞癌でアキシチニブを投与された患者の有害事象について、前治療薬別に比較した結果、明らかになったもので、4月24日から4月27日まで神戸市で開催された第102回日本泌尿器科学会で、近畿大学医学部泌尿器科の野沢昌弘氏が報告した。

 アキシチニブは、従来のチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)と比較して、VEGF受容体をより選択的に阻害するため、有害事象が比較的軽微だとされている。その一方で、2次治療以降に使用されるため、前治療薬の違いによって、有害事象プロファイルが異なる可能性がある。今回、野沢氏らは、前治療として用いられた薬剤別に、アキシチニブの有害事象プロファイルに違いがあるかどうかを検討した。

 近畿大学医学部泌尿器科において、進行性腎細胞癌に対してアキシチニブを投与した27例が評価可能だった。アキシチニブ投与前の治療薬は、インターフェロン(IFN)が11例、TKIが7例、mTOR阻害薬(mTOR-I)が9名だった。

 患者背景は、年齢中央値がIFN群で56(37-74)歳と、TKI群の65(52-75)歳、mTOR群の68(60-74)歳と比較して若年だったが、性別、組織型、転移臓器およびMSKCCリスクに大きな偏りはなかった。

 アキシチニブが投与されたのは、IFN群では2次治療が100%、TKI群では2次治療が43%、3次治療以降が57%、mTOR-I群では3次治療が33%、4次治療以降が67%。前治療薬は、IFN群は全例IFN-αで、TKI群ではスニチニブ43%、ソラフェニブ57%、mTOR-I群ではエベロリムス89%、テムシロリムス11%だった。

 アキシチニブ治療期間の中央値は、IFN群13.0(4.0-50.6)カ月、TKI群6.4(2.0-10.1)カ月、mTOR-I群6.5(1.8-10.1)カ月で、アキシチニブの相対用量強度はそれぞれ81.8%、75.6%、72.9%。

 有害事象は、いずれの群においても高血圧がもっとも高頻度に認められ、IFN群/TKI群/mTOR群で全グレード91/86/89%、グレード3以上64/43/33%だった。IFN群では手足皮膚反応(HFS)が全グレード73/43/33%、グレード3以上18/14/0%と、他群より多く認められた。TKI群では、甲状腺機能低下が全グレード55/86/67%、グレード3以上0/0/11%と多く、野沢氏は、「スニチニブの有害事象を引きずっていると考えられる」とした。他にTKI群で多かった皮疹(全グレード18/43/0%)、白血球減少(全グレード0/29/0%)、リンパ球減少(全グレード0/29/0%)はソラフェニブの有害事象の影響だと考えられるという。mTOR-I群では、ヘモグロビン減少(全グレード18/29/56%、グレード3以上0/0/11%)、発声障害(全グレード36/29/89%、グレード3以上0/0/11%)、高AML血症(全グレード0/0/33%、グレード3以上0/0/11%)が多く認められ、これはエベロリムスの有害事象が長引いているためと考えられた。

 これらの結果から、アキシチニブの有害事象は前治療薬の内容により異なる可能性が示唆された。野沢氏は、本研究が少数例を対象とした予備的なものであることを断った上で、「有害事象により前治療を中止した場合、その内容を検討することによって、次の治療選択の判断材料になる可能性がある。たとえば前治療薬が同じスニチニブであっても、強い甲状腺機能低下で中止した場合には、次の治療としてアキシチニブよりもmTOR-Iを用いる方がいいが、ヘモグロビン減少で中止していた場合には、mTOR-Iよりもアキシチニブの方が使いやすい可能性がある」と考察した。

この記事を友達に伝える印刷用ページ