このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/4/25

VEGFR-TKI抵抗性進行腎癌に対するmTOR阻害薬は高齢という理由だけで使用をためらうべきではない【泌尿器科学会2014】

森下紀代美=医学ライター

 血管内皮増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(VEGFR-TKI)による治療に抵抗性となった転移を有する腎細胞癌(mRCC)に対するmTOR阻害薬エベロリムスは、高齢者という理由だけで使用をためらうべきではないと考えられることが、大阪泌尿器腫瘍研究会の蓄積データをレトロスペクティブに調査した結果から示された。4月24日から27日まで神戸市で開催されている第102回日本泌尿器科学会総会で、大阪医科大学泌尿生殖・発達医学講座泌尿器科学教室の稲元輝生氏が発表した。

 mRCCには高齢者が多いが、エベロリムスの有効性を高齢者に特化して調査した報告は少ない。

 稲元氏らは、mTORシグナルを阻害したマウスの寿命が長いことに着目した(Harrison DE et al. Nature 2009 July 16;460(7253):392-395)。ヒトでも同様の傾向が報告されている。エベロリムスの有効性を検証したRECORD-1試験のサブ解析では、全対象の無増悪生存期間(PFS)は4.9カ月、65歳を超える患者では5.4カ月であることが示された。こうした背景から、年齢の高い患者群にmTOR阻害薬を用いることにより、何らかのメリットが生じる可能性がある。

 そこで稲元氏らはアジア人における傾向を検討するため、大阪泌尿器腫瘍研究会の蓄積データから、2009年10月から2011年8月までに集積されたデータを用いて、高齢者の成績を調査することとした。主要評価項目は、無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)とし、PFSはエベロリムスの治療開始時点から病状の進展までの期間とした。

 対象は、VEGFR-TKIによる治療に抵抗性となりエベロリムスを使用した患者172人となった。対象のうち、31%はスニチニブから、22%はソラフェニブから、1%はアキシチニブから、41%は逐次治療(スニチニブとソラフェニブ)からの切り替えだった。

 65歳をカットオフ値とすると、65歳以上の高齢者群は86人(50%、男性70人、女性16人)、65歳未満の若年群は86人(50%、男性65人、女性21人)となった。海外の臨床試験の年齢分布と異なり、年齢が高い傾向がみられた。患者背景では、PSが0または1の患者の割合、転移巣の数、転移部位、喫煙歴などに2群間に有意差はなかった。有意差を認めたのは組織型で(p=0.043)、淡明細胞型RCCは高齢者群では42.7%、若年群では34.5%だった。

 エベロリムスの投与観察期間は平均4カ月で、44%の患者で最終観察までエベロリムスの継続投与が可能だった。PFS中央値は、高齢者群2.9カ月、若年群2.6カ月(p=0.020)、OS中央値はそれぞれ3.5カ月、3.1カ月となった(ハザード比0.452、95%信頼区間:0.255-0.802、p=0.0066)。いずれも高齢者群で有意に高かった。

 奏効率は、全対象では4.7%が部分奏功(PR)、51.7%が安定状態(SD)を達成した。高齢者群ではPRは5人、SDは52人、若年群ではそれぞれ1人と40人で、高齢者群で有意に良好だった(p=0.031)。

 PS、転移巣の数、転移部位、組織型、喫煙歴、年齢などの因子を多変量解析すると、年齢が有意にmTOR阻害治療反応性の予後を予測した(ハザード比2.402、95%信頼区間:1.227-4.703、p=0.011)。

 有害事象については、全対象ではグレード3-5の重篤な事象で最も多かったのは感染症で、4.7%に発現した。グレード3-5の好中球減少は認めなかった。最も頻度が高かったのは口内炎だったが、グレード1-2程度の軽症のものだった。血液学的所見の異常値のほとんどは2群間で有意な差は認めず、高齢者群では、血小板減少、クレアチニン値上昇がやや多い傾向があったが、CRP値上昇はむしろ少ない傾向があった。

 稲元氏は「海外前向き試験と国内のobservation registryの結果から、年齢の高い患者にもエベロリムスの使用は比較的安全かつ有効と言える」とし、前向きの臨床試験も検討したいと話した。

この記事を友達に伝える印刷用ページ