このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2014/3/25

エンザルタミドが去勢抵抗性前立腺癌を対象に承認獲得

横山勇生

 アステラス製薬は3月24日、日本において2013年5月に承認申請していた経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害剤「イクスタンジ カプセル」(開発コード:MDV3100、一般名:エンザルタミド)について、去勢抵抗性前立腺癌を対象に製造販売承認を取得したと発表した。

 エンザルタミドは、1日1回投与の経口剤で、前立腺癌の成長に重要なアンドロゲン受容体シグナル伝達を、複数の作用で阻害する。

 同剤は、米国メディベーション社と共同で開発・商業化を進めており、2012年8月に米国で、2013年6月に欧州で、ドセタキセルによる化学療法施行歴を有する転移性去勢抵抗性前立腺癌の治療薬として承認を得ている。今回の承認取得に伴い、アステラス製薬はマイルストンとして1500万ドルをメディベーション社に支払う。

この記事を友達に伝える印刷用ページ